京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

(大人ピアノ初心者)楽譜の見方その①「この8分休符の意味はなんですか?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。

先日読者さんから楽譜の見方について質問がありましたので、
このブログで取り上げたいと思います。

質問の内容は、
「ブルグミュラー25の練習曲『すなおな心』について、
13小節目の2分音符(ソとファ)の下に、なぜ8分休符があるのでしょうか?
音源を聴くと普通に弾かれているように感じます」というものです。

この質問はたまに生徒さんからされることがあります。

二声はメロディーを2つのパートで分けるということ

ということで、実際に楽譜を見てみましょう。
この部分です。

確かに、音源を聞くと普通に聞こえます。
8分休符の表記があってもなくても弾き方は同じです。

なのですが、音符の捉え方が違うのです。

この部分は、右手は二声になっています。
つまりは、二声とは、1つのメロディーを2つのパートで分けるということなんです。

まず1パート目を抜き出したらこんな感じです。

2パート目だけ抜き出すとこんな感じ。

なので、ここを弾くときは、ソーファ#ーの中に、
ミ♭レドがある感じで弾きます。

なので、ソを大きな音で弾いて、ミ♭レドは小さく弾くのが自然です。

メヌエットにもあります!

同じようにバッハの「メヌエット」でもあります。

ここは左手を二声で弾きます。

まず1パート目を抜き出したらこんな感じです。

2パート目だけやとこうなります。

となります。

ここは、シーシの中に、レがあるように弾くのが自然な弾き方です。

たまに休符が省略されているような楽譜もありますが、
正確に書くとこのような表記になります。

ソプラノとアルトの関係

二声を、声楽に例えるなら、ソプラノとアルトの関係です。
音をハモろうと思うと、一人ではできないので、ソプラノとアルトがいないと成立しないんです。

でも、ピアノはそれを全部一人でやってのけるので、
それはつまり、片方の手でソプラノとアルトを弾き分けるということなので、
技術的にも難しくなります。

この弾き方は、よく出てくるので、このタイミングで覚えてもらえたらと思います!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/sukara/kyoto-hannaripiano.com/public_html/wp-content/plugins/post-plugin-library/common_functions.php on line 174
    None Found

関連記事

プロフィール


はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。

プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

メルマガやってます


大人のピアノ初心者さん向けは こちらの記事へ
特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり!

新米ピアノ講師さん向けは こちらの記事へ
「ピアノを教える上で大事なポイント」を全7回に分けてお伝えしていきます!

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。全曲サポート付き。
【1~3弾セット】こちらの記事へ

ピアノ講師1年生のためのはんなり流ピアノの教え方


ピアノの教え方のオンライン教材です。音大を出ていなくてもピアノ講師になれます!一緒に夢を叶えませんか!?
詳しくはこちらの記事へ

【初級~上級まで】スカラーアレンジの楽譜を作りました

スカラーがアレンジした曲の一覧が見たい場合は、
こちらを覗いてみてくださいませ。
便利な指番号付きですので、早速練習に取り掛かっていただけます!
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。
※2019年4月より千葉に引っ越したため閉鎖

特集

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31