京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

第2弾「峠の我が家」「ブラームスの子守歌」「アニーローリー」

第2弾の曲の魅力についてお伝えします。

峠の我が家

1曲目は「峠の我が家」です。

この曲はスカラーが京都の講師時代の生徒さんがお気に入りの曲なんです。

この曲は3拍子になっていて、1小節に1音だけ押せばいいので結構弾きやすいです。

この曲でのポイントは、12小節目の左ファラ♭のところです。
ここは、ラ♭にすることで、元気はつらつなイメージがちょっと不穏な空気感になります。
この瞬間がちょっと不安定になることで、次の小節からの明るさとの対比に差が出て良い感じなのです。

それから、次のCにかけての右手の「ドレミファ」がとってもいいですね。
何か明るい兆しが見えた感じ。

ブラームスの子守歌

2曲目は、「ブラームスの子守歌です」。

よく赤ちゃんのオルゴールで耳にする有名な曲です。
愛らしくてかわいい曲ですよね。

これは左の伴奏の練習に最適です。
左手がドミソ、シレソのパターンは本当によく出てくるので、この機会に慣れておくと良いですね。

こちらも1曲目と同じで、3拍子の曲なので、3拍ずつ進んでいきます。
よく、3拍子と4拍子を分かっていない人がいって、3拍子なのに4個ずつカウントをとって弾いちゃう場合があるので要注意です!
しっかり音源を聞いて、3拍子のリズムに乗って弾くのがポイントですね。

この曲は、付点のリズムの勉強になるんです!
右手の8分音符は、左手のちょうど良い具合のところに入れるという形になります。
このタイミングは動画の方でじっくりお伝えしているので、安心してくださいね(*^-^*)

またこの曲の良いところとして、左シ♭がいい感じです。
シ♭は後のラにかかっているので、「ドミシ♭」で盛り上げて「ドファラ」で落ち着く感じで弾くと良いですよ。

アニーローリー

最後の3曲目は、「アニーローリー」です。
この曲を入れたのは、テンポがゆっくりで弾きやすいからです。
また繰り返しが多いので、1ページ目ができたら、自動的に2ページ目が弾けてしまうという手軽さ(笑)。

そこまで難しくないメロディーやからこそ、左手に和音入れています。
つまりこの曲は左手の和音を弾く練習曲になっているんです。

和音は、指番号3と5やと弾きにくいのですが、親指と小指、つまり1と5を使って弾くと結構弾きやすいです。

スカラーが好きなところは、Bのここの左手です。
曲の一番の盛り上がりなのですが、ベースの「ラーファーミー」と進むところがとっても雄大です。
ソに♯が付いているのもポイントです。

最後のこの左ミソ♯の響きもしっかり味わいながら弾いてほしいなと思います。

最後まで読んで下さってありがとうございました!

 

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

メルマガやってます


大人のピアノ初心者さん向けは こちらの記事へ
特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり!

新米ピアノ講師さん向けは こちらの記事へ
「ピアノを教える上で大事なポイント」を全7回に分けてお伝えしていきます!

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。全曲サポート付き。
【1~3弾セット】こちらの記事へ

ピアノ講師1年生のためのはんなり流ピアノの教え方


ピアノの教え方のオンライン教材です。音大を出ていなくてもピアノ講師になれます!一緒に夢を叶えませんか!?
詳しくはこちらの記事へ

【中級者向け】スカラーアレンジの「童謡・唱歌の楽譜」を作りました


スカラーがアレンジした童謡・唱歌を楽譜に起こしました。5曲セットで3,500円(税込)。バラ売りも可。中級者向け。
第1弾はこちらの記事へ
第2弾はこちらの記事へ
第3弾(クリスマス曲)はこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。
※2019年4月より千葉に引っ越したため閉鎖

特集

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930