京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

(新米ピアノ講師向け)子どもへの「手の形の教え方」どのタイミングで言う?その①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。

今日は、新米ピアノ講師さん向けに、手の形の教え方についてその①」お話ししたいと思います。

最初に言っておくと、どのタイミングで言うかは、「一番最初のレッスンのとき」です。

子どもに「手の形」を教えるのってほんとに大変です。
指導者の本にはこう書いてあります。
「クセがついてから直すのは大変。なので、最初からきれいな手で弾くことを伝えましょう」

う~ん・・・。

わかるんやけど、でも最初から手の形を伝えるのって、難しくないですか?

私は、ピアノを教えたてのときは、何も言えませんでした。
必死に音符や、鍵盤の位置を覚えている子どもに、手の形まで言うなんて、あまりにも酷や・・・。ピアノがイヤになるんじゃないか・・・、そんな風に思っていたんです。

でも、結局は言わざるを得ない状況になるので、生徒のために(自分のためにも)、レッスンを始めて1カ月以内に言うようにしました。

で、習い始めた子どもに一番最初に言うのがこんな方法です。

スポンサーリンク

私がやっている手の形の教え方です

①いただきますのポーズをする
IMG_3957

「ふわぁ~っ」と」、手をゆるめて、手の中に空気のボールをつくる
IMG_3977

③ふわぁ~っとした手をそのまま鍵盤の上に置く
IMG_3964

※これが手に余計な力が入っていないベストな状態です。

このやり方は、ピアノ導入教材「ピアノランド」を作った先生がおっしゃっていたやり方です。

この方法やと、「指のこの部分で弾こうね」とか、「脱力するんだよ」とか、「指先には力を入れるんだけど手首はやわらかくするんだよ」とか、ごちゃごちゃ言わなくて済むから良いなぁと思っています。

実際に、子どもたちみんな、ふわっとしたきれいな手で弾いてくれるようになったので、
効果あるんやなぁと実感しています。

もし、自分なりの教え方がない方やったら、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

これはダメなやり方

ちなみに、これはダメな例。
一応空気のボールはつくられているけれど、指に変な力がはいっているのと、
手のひらがガッチガチになっています。
IMG_3978

この状態で、ピアノの鍵盤に手を置くと・・・。だいぶ指がつっぱります。
IMG_3980

これでは弾けませんね。

空気のボールをつくるときのポイント

空気のボールをつくるときに、指先に力を入れないこと
力を入れてしまうと、先ほどのダメなやり方になってしまいます。

手のひらもふわふわ、手首もふわふわ、指先も、指がくっついてはいるけれど、ふわふわの状態です。
手に何にも力が入っていない状態がベストです。

手の形を伝えるのは、ホントに難しいです。次回は「手の教え方」そのです。

今日も読んで下さってありがとうございました☆彡

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930