京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

調律師さんにアップライトピアノを移動してもらいました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。

今日は、「調律師さんにアップライトピアノを移動してもらいました!」についてです。

この間、ピアノの発表会をしたのですが、お家ですることになって、一番頭を悩ませていたのが、ピアノの向きでした。

スポンサーリンク

ピアノを移動したい・・・

うちん家は、アップライトなんですが、壁側にピアノがペタッとついていて、この向きのままやとお客さんにお尻を向けて弾くことになり、弾いている顔も見えへんから、なんだかなぁ~と思っていました。

理想は、鍵盤(手元)が見えるような位置までピアノを移動させたいと思っていました。
で、ネットでいろいろ調べて、なんとか一人で移動できる方法はないものか模索していたのですが、なかなか難しそうで・・・。

で、長年のお付き合いである調律師さんに相談したところ、
「女性2人でも無理やと思います。ピアノのふたを外して、重さを軽くしたところで200キロはありますよ。近くで仕事があったときに移動しましょうか」と言ってくださいました。

本当に困っていたので、神様のように見えました~~!!
本当にありがとうございます。

ということで、調律師さんの手によってピアノを移動してもらったのでした。

スポンサーリンク

調律師さんと二人三脚で移動させた

で、移動前のピアノがこちら

どうやって移動したかというと、フローリングとピアノの間に毛布のような滑りが良い布をかますんです。で、布の滑りを使ってずらしていきます。なので畳の部屋よりフローリングの方がやりやすいとのこと。

で、かますためにはピアノを一度宙に浮かせないといけません。その時に活躍するのが、この木です。これを左だけ、右だけと1つずつやっていきます。
これは木を入れる前の状態

木を入れた状態。これがピアノの足を宙に浮かせた状態です。
調律師さんが、片方のピアノを持ち上げて、掛け声とともに私が木を差し込むというもの。

※この状態で、左にある毛布をピアノの足に滑り込ませます。

で、布の滑りを利用して、少しずつ移動したピアノがこちら。

こんな風に調律師さんと二人三脚でピアノを移動したのでした。
重たいピアノを持ち上げてくださり、本当にありがとうございました!!

発表会をするにあたり、いろんな方々に協力をいただきました。ありがとうございました!

おまけ

ちなみにピアノの裏はこんなことになっています。
子どもたちが不思議そうに見ていましたよ^^


今日も読んで下さりありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031