京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

ピアノの音符の読み方や鍵盤の位置を教えるのにおすすめなグッズ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、「ピアノの音符の読み方や鍵盤の位置を教えるのにおすすめなグッズ♪」を紹介したいと思います。
先日、ピアノの音符と鍵盤の位置を一致させる方法、についてお話ししたのですが、そのときに使えるグッズです^^

これは、ピアノを初めて習う子どもたちに、音符や鍵盤の位置を教えるのに、とても重宝しています。
わざわざ購入しなくても・・・とは思ったのですが、見た目がかわいかったので買ってしまいました・・・。

スポンサーリンク

では、早速使い方を紹介したいと思います。
こちらは、「音符マグネット」と言います。

「ドレミファトラシド」のかわいらしいマグネット♪

注文すると、この大譜表のシートと、ドレミファトラシドのマグネットがついてきます。
それぞれの音符に「どんぐり」や「レモン」といった絵が書かれているので、言葉も一緒に覚えながら取り組めます。
IMG_2670

単体では使えません(汗)

で、実際これだけでは使い物になりません>< このシートは、裏がマグネットになってるんですけど・・・
IMG_2671

このまま机の上に置いても机にはひっつきません。持ち上げたりしたら、音符がスルスルと落ちていきます
IMG_2672

100均のホワイトボードに貼り付けて使う!

なので、100円均一のホワイトボードを用意して・・・
IMG_2673

ホワイトボードの上にシートを置くと、裏のマグネットが効果を発揮して、ペタッと貼りついてくれます
IMG_2674

スポンサーリンク

きれいに貼ったらこんな風になります。 ※シートより大きめのホワイトボードが必要になります
IMG_2675

これやったら机に立てても音符が落っこちてきません
IMG_2678

イラストが描いてある音符は子どもたちに人気です。写真の黄色のマグネットは100円均一で調達してきました。見た目はそんなにかわいくないですが、使いやすいです。
IMG_2681

この音符マグネットは、ドレミの音階の勉強にもなるし、シートの下が、「ミニ鍵盤」になっているので、鍵盤の位置の確認に使うことができて便利です♪

実際の使い方についてはこちらの記事を見ていただけたらと思います。
読んで下さりありがとうございました^^

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031