京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

インベンション・シンフォニアとあるけれど・・・バッハの平均律を勉強中です♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
最近、バッハの平均律をやっています。

平均律は昔、ちょっとだけ弾いたことがあって、
難しすぎて挫折してやめてしまいました。

なので苦い思い出があります 😥
今の先生に、「バッハやろう!!」って言われて、しぶしぶ弾くことになりました~。
(バッハは苦手です^^;)

スポンサーリンク

ということで、ほこりをかぶっていた本を引っ張り出してきました。
この本です。ヘンレ版です。
 「平均律クラヴィーア曲集 」と言われています。
IMG_3569

そもそも平均律って何?

バッハが作った曲集です。プレリュードとフーガが1セットになっています。
この曲に入るまでに、インベンションとシンフォニアはやっといた方が良いです。

ちなみに
・インベンションが2声
同じメロディーが右に出てきたり、左に出てきたりします(これを2声と言います)。
なので、メロディーが左に出て来てるときは、左手を主役にして弾かないといけません。右手がメロディー、左手が伴奏。という概念じゃないんです。
・シンフォニアが3声
これは、メロディーが右(上)も左(下)も出て来て、真ん中にもメロディーが出てきます。
(上中下で3声という意味です)
なので、両手を使ってメロディーを弾いたりするので、主役と脇役の弾き分けがむちゃくちゃ難しい。小指だけでメロディーを弾くはめになったり、親指で脇役を弾いたり、と指が独立していることが必須となります。
・フーガは2声~5声? ぐらいまであります
ぱっと見、シンフォニアみたいなものです。このフーガを今勉強中です。
(※シンフォニアとフーガの違いがあまりよくわかっていません。今度お師匠さんに聞いてみます)

難易度もこの順番です。比較的優しいのは、インベンションです。
さらっと書こうと思ったのに、一言では言い表せませんでした・・・。

で・・・、

「平均律」の本の見方

「プレリュードとフーガで1セット」です。2曲弾いて完結。
※プレリュードは前奏曲って言う意味です。メインの曲を弾く前の曲。
しかも、ともに同じ調性。
例えば、プレリュードがシャープ2つなら、フーガもシャープ2つで作られています。

で、フーガは、「テーマ」っていうのがあって、(主題とも言います)
そのテーマが、いろんな高さで出てきたり、形を変えたり、速度が2倍になったりと、手を変え品を変え現れてきます。
弾きながら、「あっ、ここもテーマや!」とか「テーマが変化している!」と発見していくのが、醍醐味とされています。
(今は弾くので精一杯なので、そんな余裕はありませんが・・・)

で、今弾いている曲はこれです。
「2番の プレリュード 」です。
img_4533
比較的、平均律では有名で弾きやすいみたいです。お師匠さんが勧めてくれました。
こっちが相方の「フーガ」です。やっかいです・・・。
img_4532

スポンサーリンク

フーガの見方

ほぼ、最初に出てくるフレーズがテーマと言ってよいと思います。
テーマを見つけたら、しるしをつけます。だいたい5度上か5度下に出ています。
img_4535

テーマをすべて見つけられたら、次は、似たような音型がいくつあるか、色分けしていきます。
調べてたらこんなことになりました~~!!(この作業は机上でやります。地道すぎる><)
img_4536

例えばここの音型を見てください。
※緑色のマーカです
img_4537

全く同じ音から始めるわけじゃないけど、リズムや音の運びが同じです。
こういう箇所を調べつぶしていきます。
img_4538

なかなか大変やけど、この作業をすると、
「あれ? このフレーズさっきもでてきたような・・・」と、頭の整理ができてきます。

フーガの見方はこんな感じです。

練習の仕方

私の場合やけど、初見が全くと言っていいほどできないので、いきなり3声は弾けません。
なので・・・

①1声部ずつ弾きます。
ちなみに、2番のフーガは、3声なので、
・ソプラノ
・アルト
・バス
と3つのパートに分かれるので、上だけ(ソプラノ)、真ん中(アルト)だけ、下(バス)と3つに分けて弾きます。
で、弾いてたら、「上だけ弾いてたつもりが、気が付いたら真ん中のパートを弾いてた」と曖昧な部分が出てくるので、どの音がソプラノで、アルトなのか? きっちり、えんぴつなどでチェックしときます。
②「上と下」、「真ん中と下」、「上と真ん中」という風に2声にして練習をします。
特に、「上と真ん中」が超ムズイです・・・。
これはインベンション(2声)の練習をしているようなものです。
③楽譜の色分けをする。
ほんまは、譜読み段階でやっておくべきなんやろうけど、実際、弾いてからじゃないと、わからないことも多いので、個人的には、ある程度音をさらったあとに、テーマや似たような音型を探す方が頭に入ってきやすいです。
④いよいよ3声にチャレンジ。
もうここは「意を決して!」って感じですね。最初は悲しいほど弾けません・・・。

 

完成するにはあと数カ月かかりそうですけど、めげずに頑張りたいと思います。
また動画でアップできる日を楽しみに練習をしたいと思います。

今日も読んで下さりありがとうございました☆彡

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031