京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

新しい楽譜を買ったら きっちり折り目を折ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
新しい楽譜を買ったらまず最初にすることがあります。

これは、ちょっとしたことなのですが、ちょっとしたことがあとあとうっとうしくならないように、最初からしておきましょうという話です^^;

スポンサーリンク

先日ピアノのお師匠さんに教えていただきました。
新しい楽譜を買って、1ページ目を開けるのってなんかドキドキするし、その楽譜がお気に入りなほど、しっかり折り目をつけるのを躊躇してしまいますよね。

私がそうで、きっちり1ページ目から折り目をつけるのが、なんか新品の楽譜に傷をつけるようでイヤで、ふわっと折り目を付けていました。

こんな折り目のつけ方をしていませんか?

表紙はこんなに遠慮して折ってしまいました(手前で折っているということです)
IMG_1820コピー1

最初らへんのページはよくても、どんどんページをめくっていくと、折り目が浅かったせいで、後ろのページにいくほど楽譜を巻き込んでいます。マルで囲ったところです。
IMG_1829コピー1

楽譜のページはこんな感じです。目を凝らしてよ~く見てください(見づらくてすみません><)折り目が浅すぎたため、ページが開ききってなくて、色で囲ったところの楽譜が見えづらいです。
IMG_1821コピー1

正しい折り目のつけかた

1ページ目からしっかり折り目をつける。ぐいっと、奥まできっちり折る!(これがなかなかできません汗)
IMG_1825コピー1

そうすると、どんどんページをめくっても・・・。楽譜が巻き込まれてないです。
IMG_1826コピー1

楽譜のところも、端が切れていません。ページがきっちり開きました!(劇的には変わってませんが、やっといた方がいいです)
IMG_1830コピー1

この本ではそんなにひどくないですけど、ページ数が多い分厚い楽譜やったら、後ろのページにいくほど楽譜が切れてしまう可能性があります。なので、最初の折り目は大事です!
深く折りこみましょう^^

読んでくださりありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031