京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

買ってよかった!4歳のピアノの体験レッスンで参考にしたおすすめの本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、「買ってよかった!4歳のピアノの体験レッスンで参考にしたおすすめの本」についてお話ししたいと思います。

私にはちょうど4歳のめいっこがいて、姉が実家に遊びに来る時にたまに教えてあげていました。
4歳なのでまだ数をきちんと数えられません。
「例えば、これが3の指ね。」と教えたら、指を3本出したりします・・・(苦笑)
で、最近本格的に教えてたいなと思っていて、事前に買っていた本なんです。

スポンサーリンク

それがこちら。
遠藤さんの「2才からのピアノ・レッスン」っていう本です。
2才からのピアノ・レッスン(小さい子の上手な教え方)
IMG_3214
で、この本はむちゃくちゃ参考になりました!
遠藤先生という方が出されている本です。幼児向けの教材が楽譜屋さんにたくさん置いてありました。
自身が幼児に教えた経験が書いてあります。特に「小さい子を教えるときの注意点」は参考になりました。

この本は、「2才ではこういうことが出来て、3才、4才にはこんなことができるようになる」など、年齢別の特徴が書いてあります。また年齢に対応したレッスン方法が載っています。こんな本を使ったらよいとか、こんな風に使ったらよいとか、
あと助かるのが、「子どもへの声かけの方法」も書いてあります。なかなか、子どもにわかるように話すのって難しいですからね。

あとは、年齢別の体験レッスンの内容も書いてあるんですよ。(これが知りたかったから買いました 😛 !)
ただ、思うんですけど、まずは、自分なりのやり方を考えてみて、それから本を参考にしたらよいかなと思いました。
なんというか、本通りにしても、自分にはしっくりこなかったり、イメージができひんかったら意味がないと思うんです。
(実際、他の先生がやってて自分もその通りにやってみたことがあるんですが、なんかしっくりこなくて、うまく子どもに伝えられへんことがありました・・・)

逆に何も思い浮かばへん人は、頭が真っ白な状態なので、本通りにしたらよいかと思います^^
なので、4歳の体験レッスンは、自分で考えたやつと本を参考にしたのが半々の割合でした。

スポンサーリンク

余談ですけど、4歳児と小学1年生の能力の差を考えてみました。
例えば・・・、私が認識している範囲でお話しします。

4歳と小学1年生の違い

(4歳児)
・ひらがながギリギリ読める
・カタカナはムリ
・数字の数え方を覚えたばかり??
・色ぬりが好きな年齢(枠から色がはみ出す)

(小学1年生)
・ひらがなとカタカナが読める
・数字も読める
・漢字はムリ
・線や丸が書ける

最低、ひらがなと数字の数え方がわかっていると教えやすいですよね。

早くいろんな子の体験レッスンを経験して、自分なりのプログラムが組み立てられるようにしていきたいです 🙂

今日も読んで下さりありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31