京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

年々暗譜が出来なくなっている><どうしたら暗譜できますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日から3月ですね~。そろそろ春の気配でしょうか。

読者さんから、「暗譜の方法を知りたい」との質問がありました。

暗譜のやり方って人それぞれ違いますよね。曲を分析してじっくり覚える人もいたら、図(映像!?)として覚える人もいるし・・・。あくまで私がやっているやり方です 🙂

暗譜するには段階がある!

暗譜って段階があると思うんです。まずは、何となく弾いてたら覚える「ふわっと暗譜」。
で、それができたら正確に覚える「きちんと暗譜」にしていきます!

その①ふわっと暗譜

「ふわっと暗譜」は、何回か弾いたおかげで、指が勝手に覚えてくれて何となく弾ける状態のこと。これは、子どもの暗譜と全く一緒です。私も子どものころはそうでした。何となく覚えてて、「あんぷできた!」みたいな。でも、名前の通り「ふわっと」しか覚えていないので、一度間違ってしまうと、途中からは入れず、最初から弾き直さないと弾けなくなるのです><
実はぜんぜん暗譜をしていないんですよね・・・ 🙁

なので、何となく覚えてきたかなって思ったら、次は、「きっちり正確に覚える」練習をしていきます。
この練習は、やる人とやらない人とはっきり差が分かれます。理由は「面倒くさいから」(苦笑)

スポンサーリンク

その②きっちり暗譜

「ふわっと暗譜」から「きっちり暗譜」にしていきます。
ここでは、ショパンの「幻想即興曲」を例に挙げてお話ししたいと思います。

幻想即興曲の中間部は、本当に演奏者泣かせというか、繰り返しが3回も出てくるし、繰り返しの度に、左の音がビミョーに違うんです。(なんで全部同じ音に統一してくれないんだ!って思います><)そして繰り返しを弾いていると、今自分が何回目を弾いているかわからなくなります 。

①曲を分析する
もうこれしかないと思います。これが一番の近道。まずごちゃごちゃしている自分の頭を整理します。(これがしんどい・・・^^;)
・繰り返しが何回出てきたかを数える
・同じ繰り返しでも音が微妙に違うところにチェックをつける

これをしただけでもかなり頭が整理されます。

②弾き間違った音をチェックする
一度何も見ないで弾きます。間違ったり、一瞬迷ったりしたら、そのまま先へ進まずいったん弾くのをやめます。で、楽譜を見てどこをどう間違えたのかを考えます。そして、「なぜ間違えたのか?」まで考えます。それは、間違えるには理由があるからです。それを明らかにすることが大事です!

③あえて途中から弾いてみる
どこを弾いているのかわからない状態を防止するために、わざと弾きにくい箇所から入る練習をします。この練習をしておくと、本番間違えたときに途中からスッと入れるようになります。

他にもいろいろあるんやろうけど、おすすめはこの辺りです。

スポンサーリンク

(おまけ)暗譜が難しい曲がある!?

個人的に思うんですけど、速い曲って覚えやすいですよね。理由は、スラスラ弾けるようになるまで何回も練習するから。逆にテンポがゆっくりの曲って、必死に練習しなくても弾けるから覚えにくい気がします。なので私の場合は、ドビュッシーの「月の光」とかベートーベン「月光」(ゆっくりな第一楽章の方)は結構覚えにくかったです><

まとめ

何となくふわっと暗譜が出来たら、次はきちんと確実に覚える練習をする
①曲を分析する
②弾き間違った音をチェックする
③あえて途中から弾いてみる
※「ふわっと暗譜」は勝手に指が覚えた状態のこと。指が自然(無意識)に動いているだけなので、これが出来たからと言って、暗譜が出来たことにはならないんです。
意識的に頭で考えるような暗譜をしていくのがポイントです。

弾くばっかりじゃなくて、「机の上で楽譜を眺める」これも結構大事ですよ!!

何か一つでも参考になればと思います^^
今日も読んでくださり、ありがとうございました☆彡

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031