京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

(プレ・インベンション19番)バッハの「メヌエット」BWV120(イ短調) をピアノで弾いてみた♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、(プレ・インベンション19番)バッハの「メヌエット」BWV120(イ短調) をピアノで弾いてみました。

今、レッスンで、「プレ・インベンション」を使っています。この本です。
プレインベンション

現在19番目弾いています。本が後半に入ってきて、難しくなってきました(汗)

これはっっ・・・、なんと弾きにくい曲なんや!!!
クラシックの曲で、あんまり好きじゃない曲ってあんまりないんですけど、
これは嫌いです(笑)。何回練習しても、どうしても好きになれなくて、イライラして弾いてしまいました・・・(*´ω`)

スポンサーリンク

「プレ・インベンション」19番です

左右が同じメロディーになっている

この曲は「インベンション」みたいになっています。
「インベンション」って説明が難しいのですが(汗)、簡単に言うと、「2声の曲」のことです。
例えば、先に右手がメロディーになっていて、あとから同じメロディーを左手が追う曲になっているんです。
2つのメロディー(2声)が左右にちりばめられていて、どちらもメロディーっていうイメージです(右がメロディーで左が伴奏、という概念ではありません)
右手のメロディーがこれ
IMG_2819コピー
左手がこれ。音の高さが違うけど、メロディーが同じです。
IMG_2820

後半もそうですね。こちら右手のメロディー
IMG_2821コピー

左手がこちら。スラーのかけ具合も同じですね
IMG_2821コピー1

ここ。つられそうです(汗)

で、ここややこしい(5小節目)
IMG_2822

つられて伸ばしてしまいます(17小節目)
IMG_2823

スポンサーリンク

弾きにくいトリル・・・

やってきました! 一番弾きにくいところ。楽譜の下にいろいろ弾き方が載っています。しばらく楽譜とにらめっこです。
IMG_2824

1つずつ見ていきましょう。ここだけピックアップします(21小節目)
IMG_2850コピー

理屈はこんな感じ。単純にリズムだけ書くと、こうなります。(3拍分ですね)
IMG_2847

青く囲ったところが楽譜の「tr」のところになります
なのでこの部分は、「ソファ♯ソファ♯ ソファ♯」と弾きます。
IMG_2847コピー

左手とどの音で合うかというと、青く囲った「ソ」の音で合います。
IMG_2847コピー1

次は22小節目の左です。
IMG_2851コピー
リズムだけ書くとこうなります
IMG_2849
青く囲ったところが楽譜の「tr」のところになります(6連符ですね)
なので、この小節は、「ドシ♮ドシ♮ラシ♮」と弾きます。
IMG_2849コピー3
青く囲った「ド」を弾くときに右と合います。
IMG_2849コピー1

23小節目やとどうなるか・・・?
IMG_2852コピー
先ほどに習ってリズムを書いてみるとこんな感じ。
IMG_2928
青く囲ったところが楽譜の「tr」のところになります。
なのでこの部分は、
「ラソ♯ラソ♯ ラソ♯」と弾きます。
IMG_2928コピー
左と合うところは、青く囲った「ラ」の音とで合います。
IMG_2928コピー1

次は24小節目の左手です。
IMG_2853コピー
リズムだけ書くとこうなります
IMG_2929
青く囲ったところが楽譜の「tr」のところになります。
なのでこの部分は、「レド♯レド♯シド♯ 」と弾きます
IMG_2929コピー
青く囲った「ラ」を弾くときに右と合います。
IMG_2929コピー1
最後の「tr」のところは、「ドシドシ ドシラシ」ですね。
IMG_2854コピー

私の場合ですが、こうやって理屈では弾き方はわかったものの、頭でメロディーがならないので(汗)、しかたなく、YouTube動画でメロディーを確認しました。
(が、こんなマイナーな曲を弾いている人がほとんどいなくて、あんまり良い動画は見つかりませんでした)
ピアノのお師匠さんも、この部分を子どもたちに説明するのが大変やとおっしゃっていましたよ~。

あんまり弾けなかったけど、合格させてもらえました^^
もう二度と弾くことはないと思います(笑)良い勉強になりました。

まとめ

「プレ・インベンション」の本は、簡単に言うと、バッハやモーツアルトなどの作曲家の曲がたくさん載っている本です。
バッハの「インベンション」の前にやっておきたい曲集です。
※「プレ・インベンション」についてまとめた記事はこちらです(演奏動画あり)

読んで下さりありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31