京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

新米ピアノ講師向け!初めてピアノを弾く子どもへの教え方③ ~音符の教え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、「新米ピアノ講師向け!初めてピアノを弾く子どもへの教え方③ ~音符の教え方」についてお話ししたいと思います。

音大出てないけどピアノを教えたいあなたへ

今は会社員やけど、いつか自分もピアノを教えたいと思っている。
今もピアノを習っているから、教えられる技術は十分に備わっている。おまけに実家暮らしやから教えられる環境だってある。
なので、始めようと思ったらいつでも始められる状態。

でも、音大出てへんし、自分には無理なんじゃないかと思っている。

そんなあなたのための記事です。

スポンサーリンク

前回は、なんでピアノを教えるのが大変なのかの話でした。

今回は、音符の教え方です。
まず一番最初に教えるのが音符の読み方です。音符が読めなかったら楽譜を見てピアノが弾けないですからね。ここが一番大事で、一番苦労するところかもしれません・・・^^;

まずは全体像を見てみましょう。
最終的には、ト音記号のドレミファソラシド、へ音記号のドレミファソラシドを覚えてほしいです。
IMG_2999

でも、いきなりこんなに覚えられないので、とりあえず 「ド」「レ」「ミ」の音を確実に覚えさせます。
(勘の良い子やったら、それ以上に進んだらいいと思います)

まずはト音記号の「ド」「レ」「ミ」から!

教えるときのポイント
まずは「ド」。「1本目の線より下の線にあるね」と伝えます。※真ん中の「ド」の音符です
ト音記号ド

次に「レ」。「1本目の線の下にぶらさがっている音だよ」と伝えます。
ト音記号レ

次に「ミ」。「1本目の線につきささっている音だね」と伝えます。
ト音記号ミ

つまりは、線につきささっている音か、線にぶら下がっている音かの違いに気づいてほしいのです。
その違いを自分の目で判断してもらいます。
音符の教え方覚え方線

つきささっているのか、そうでないかの違いがわかってきたら、どんどん音を増やしていきます。
同じ要領で、ドレミファソまで覚えたら、「ラ」に行かずに、へ音記号に移ります。

スポンサーリンク

へ音記号の「ド」「シ」「ラ」を覚える!

まずは、「ド」。「1本目の線より上の線につきささっている」と伝えます
へ音記号ド

次に「シ」。「1本目の線の上に乗っかってる音」と伝えます
へ音記号シ

次に「ミ」。「1本目の線につきささっている音」と伝えます
へ音記号ラ

へ音記号を教えるときのポイントは、下にさがって読んでいくことを理解させることです。
とりあえずは、こんな感じで進めていきます。

仕上げは「音符カード」でチェック!

で、ちゃんと読めてるか確認するために、1音1音バラバラにして音を読ませます。そのときに使っているのがこれ。「音符カード」です。
ポケモン おんぷカードを使っています♪(今はお取り扱いがないみたいですが・・・)
IMG_3001

音符を、前後の音の流れで読んでたりするので(「これが「ミ」やから次の音はたぶん「ファ」やろう」とかそういうこと)、そういう子は、1音だけ見せられたら何の音かわからないんです。
あと、音を読ませるだけじゃなくて、ノートに書かせたりもしています。

音符の覚え方をまとめた記事はこちらです。→ト音記号の覚え方へ音記号の覚え方

まとめ

・ト音記号の「ドレミ」から教える→「ドレミファソ」
→「ラ」に行かずに、へ音記号の「ドシラ」を教える
→「ドシラソ」まで教える
・「線につきささる音なのか、そうでない音なのか」の違いをわからせる
・音をランダムに見せてもきちんと答えられるかチェックする。「音符カード」を使う。
・音を読ませるだけじゃなくてノートにも書かせる

次回は、音符の読み方と同じくらい大切なリズムです(リズムの記事はこちらです。)

「ピアノの教え方」の記事に戻る

読んで下さりありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31