京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

合唱コンクールのピアノ伴奏って結構難しいのです・・・^^;

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今、秋の地元の合唱コンクール!?のために、ピアノ伴奏をやっています。
前回の記事はこちらです。

今月本番があるのですが、先月から、地元の学校の音楽室に行って、みんなで練習をしています。

歌う方は、学校のPTAのお母さんたち、あと、その学校の先生たち。
今年は多いようで、全員で25人ほどとのこと。

スポンサーリンク

私は、友人の紹介で、こちらの学校の合唱コンクールの伴奏を頼まれたのですが、
ピアノ伴奏というものは本当に大変なのです。

まず、お母さんたちは、「気楽にやってね~。間違えても全然わからないから~」と、
簡単におっしゃいます(気遣いで言ってくださっているのはよぉ~くわかっています・・・^^;)
でも、実際、そんな気楽に弾くなんて絶対にできません・・・。

今回、初めて伴奏をさせてもらって、
感じたことを思うのまま書いてみたいと思います。
(若干、恩着せがましいところはご勘弁を!)

スポンサーリンク

ピアノ伴奏のウラ話

・実は、歌い手よりもその歌のことを理解している
CDを聞きまくって、ピアノで音を出して、それぞれのパートの音を勉強する。
なので、いきなり「歌え」って言われたら、全パートが歌える。
・実は、家でかなり弾き込んでいる
私の場合はですけど、手が勝手に覚えるぐらい弾き込みます。演奏中何が何でも止まったらダメなので、かなり練習してます。ギリギリの状態で本番を迎えると、必ずうまくいかないので・・・。
・実は、譜めくりが大変
譜面が何ページかにわたっていて、ピアノは両手で弾くので、本当やったら、両手がふさがっていてページをめくれない。めくるタイミングを考えてめくっている。弾きながらの譜めくりはしんどい。
・実は、楽譜作りにポイントがある
普通のA4サイズやと譜面に乗りきらないことがあるため、B5に縮小コピーをしたり、アレンジをしている。あと、譜めくりの際、勢いで楽譜が落っこちないような対策をしている。
・実は、歌いやすいように、息遣いを考えて弾いている
ここは、ピアノがさっと入ったら、歌い手がしんどいから、少し間を入れてから弾こうとか考えている。
・実は、伴奏だけ弾くより、歌と合わせて弾く方が難しい
歌が入ると、いろんな音が飛び交うのでピアノに集中できなくなって、ミスが増える。合わせている最中も、「きれいなハモり~」なんて思って弾いていたらすぐ間違えます(笑)。
一番大変やと思ったのが、譜めくりと、伴奏の他に、全パートもすべて弾けるようにしとかないといけないところです。
とにかく歌いやすいような伴奏を心掛けたいと思います!!

今週が、いよいよ本番です! がんばります~ 🙂
今日も読んで下さりありがとうございました☆彡

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031