京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

その⑦(終)ショパン『子犬のワルツ』の弾き方です(難易度やや低い)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
やっと最後まできました。
「その⑦(終)ショパン『子犬のワルツ』の弾き方です(難易度やや低い)」です。

(動画の内容)4パターンで弾いています
・右だけゆっくり弾いてみる
・左だけゆっくり弾いてみる
・ゆっくり両手で合わせてみる
・ペダルでそれっぽく弾いてみる

3連符にとらわれない! 一気に駆け降りよう!

最後の高いところから下へ降りるところの弾き方です。
こちらの楽譜を見てください。頂点の音は「ファ」ですね。(緑のマルの部分です)ここから一気に駆け降りる感じで弾きます。
IMG_1933コピー1

高い音「ミ」「ファ」「ソ」も少しためて弾きます。そこから一気にスピードを速めます
IMG_1933コピー2
楽譜には3連符の表示がありますが、3連符にとらわれて弾くと、がちがちになって滑らかに弾けません
間違った音を弾いてもいいから1回の力でに弾ききってみてください。
IMG_1933

3連符にとらわれた弾き方と、1回の力で弾ききった弾き方の違い

動画でその違いを弾き比べています。違いがわかりますかね・・・。

苦しいけど、今は焦らずゆっくり。その方が伸びる!

その⑦でようやく「子犬のワルツ」が終わりました。
「子犬のワルツ」は♭は6つあって、最初はとっつきにくいですが、繰り返しが多い曲なので、弾き始めたらそれほど難しくないと思います。いろんな動画で、とてつもないスピードで弾いておられますが、最初はみんなあんな速くは弾けません。練習して練習して、あれだけ速く弾いてはるんです。
とは言うものの、私はCDのように速く弾きたいと、弾けてないのに、ただやみくもに速く弾いた時期があります(汗)、でも結局はつまずいてしまって、ゆっくり練習に逆戻りしましたけど・・・。
なので、最初は「ゆっくり」なんです。地道ですけどね。ゆっくりで弾けないと速くなんて弾けません。しかも、ゆっくり練習をした人の方が、あとあと上手な演奏ができるんですよね。
まずは、焦らず1個ずつ音を読むところから始めましょう^^

※子犬のワルツをまとめた記事はこちらです

読んで下さりありがとうございました^^

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031