京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

ショパン「ノクターン第2番」の最後がきれいに弾けない方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、「ショパンの「ノクターン第2番」の最後をきれいに弾く方法についてお伝えしてみたいと思います。
最後のところ、結構難しいです>< プロのピアニストはいとも簡単に弾いてます。で、自分でもできるやろうと、いざ弾いてみたら「あれっ? 何か違う!?」みたいな(汗)

なんであんなに、パラパラときれいに聞こえるのでしょうか?この「きれい」に聞こえるっていう「きれいがポイントなんです。
「きれい」とは、「音の粒がそろっている」ということなんです。^^ さらに詳しく言うと、「音の粒がそろっている」というのは、「音(音の強さ)が均等(均一)になっている」状態のことをいうのです。

スポンサーリンク

「音の強さを均等にする」にはどういう練習方法がいい!?

最後の部分はここですよね。ゆっくりやったら弾けるけど、速く弾こうと思ったら思うように指が動かない、指がすべる、どっかの音が突っ張る・・・、などいろいろあるかと思います。
IMG_2500コピー

動画はこちらです^^

動画にしてみたので、見ていただけたらと思います。
(動画の内容)
・アクセント移動(4種類)
・リズム変奏①②
・最後一部だけの演奏

動画の補足説明です~。

アクセント移動をしてみよう!

音の粒をそろえるには、「アクセント移動」という練習をします(これはピアノのお師匠さんに教えていただきました!)
ここは「ド♭ シ♭ ド♮ ラ♮」4つの音の繰り返しのところですよね。
IMG_2501
・まず、最初の音だけにアクセントを付けて弾きます(「ド♭」の音ですね)
・次に、2番目の音だけにアクセントを付ける(「シ♭」の音ですね)
・3番目の音だけにアクセントを付ける(「ド♮」の音ですね)
・最後は、4番目の音だけにアクセントを付ける(「ラ♮」の音ですね)
・で、それができたら、どこにもアクセントをつけずに何も考えずに弾いてみる(指の力だけでもそもそ何かを弾いてる感じ)

言葉だけだとわかりにくいので図にしました。※ちなみに「ド♭」は、「シ」(白い鍵盤)を弾きます
IMG_2502コピー
だいたい2番目の音と、3番目の音がやりづらいかなぁ。(特に3番目の音。理由は力の弱い薬指で弾くから)それを自分が弾きやすくなってきた!って思うまで何度も練習します。こんな感じで、アクセントの位置を変えて練習していくんですね。で、1週間ぐらいしたら「あっ 弾けてる!」ってなると思います。

スポンサーリンク

この練習方法で何ができるようになるの!?

音の粒がそろいます! アクセント移動をすることで、音に凹凸がある箇所を自分で発見し、知らず知らずのうちに音が均一になるのです。
音の粒がそろっていない(音が均一ではない)という現象、1音1音の音がはっきり聞こえないってこと。つまり、4つの音のどれかが小さい音だったり大きい音になっている。4つの音が全部同じ力加減で弾けてないってことなんですね。大きい音になっている音は弾きやすい音、小さい音は弾きにくいから音が出にくい、からです。この練習方法で、弾きにくい箇所を探して、弾きやすくなるまで練習する、これが音の力加減を統一することにつながるんです^^

リズム変奏をしてみよう!

動画でやっているのですが、2パターンのリズムで弾いてみましょう。このリズムで弾く目的は、16分音符を速く弾くためです。
これも効果ありますよ!
その① ※最初の音が長い。
IMG_2503

その② ※最初の音が速いパターン。こっちの方が弾きにくいです。だから効果がとってもあります!
IMG_2504

P(ピアノ)にとらわれるな!

あとは、P(ピアノ=小さく弾く)とらわれることなく、mf(メゾフォルテ)ぐらいで弾いてやりましょう。小さく弾くことだけにとらわれすぎて、音が出ないことが一番よくないので!

手がバタバタしていませんか?

あとは、手の形です。指番号は楽譜に書かれている「3 2 4 1」でいいと思います。
これらの指「3241」は、常に鍵盤の真上にあることが前提です。
例えば、親指やったら、他の指を弾いているときでも、必ず「ラ♮」の音の真上にあるのがベストな状態です。薬指を弾いたときに、親指も薬指の方向に引っ張られないことです。引っ張られてしまうと、次に親指で弾くときに、鍵盤から指が遠いせいで、それだけ親指の動作が大きくなって、瞬時に「ラ♮」が押せませんよね。これは指が「無駄に動いている(無駄な動作)」状態なので、手がバタバタしてあわただしくなります。
なので、気を付けたいことは、指は、弾く鍵盤の真上に置いておく、指の無駄な動きをできるだけ少なくする、ことです。

まとめ

・アクセント移動(音の粒をそろえる練習)
・リズム変奏①②(16分音符を速く弾く練習)
・強弱はmf~ffになるように弾く(Pにとらわれないこと)
・手をバタバタさせない(無駄な手の動きをしない)

とにかく指がこけたらみっともない、音の粒をそろえるぞ!ということに気を付けて弾きました。アクセント移動はこの曲に限らず、なんでも使えます。16分音符の速く弾くところでも使えますよ。

一度やってみていただければと思います。
読んで下さりありがとうございました^^
※「ノクターン2番」の弾き方をまとめた記事はこちらです。

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31