京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

左と右が合わない曲!(ピアノ教材)ツェルニー40番の26番の弾き方♪その①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、「ツェルニー40番の26番」の弾き方についてお話ししたいと思います。

26番の曲と言えば・・・、苦手な人は苦手なあのやっかいな曲・・・ 😯
左と右が合わない曲なんです!!!
IMG_3427

始めはどうやって練習していくのか戸惑ったけど、だんだん練習してたらできるようになってきました!
でも、左手が若干つられている感は否めません(汗)。
まだまだ左右の独立はできていないなぁと思います。

スポンサーリンク

ちなみに、この26番ですが、学生のころ一度ツェルニー40番を終わらしているんやけど、なぜか26番だけ弾いていませんでした。(当時の本を調べたところ、なんとこの曲だけ飛ばしてました 😯 )
今やから思うんですけど、当時の私には無理やったんかもしれません。(やから先生が飛ばさはったんかな・・・)

左右合わへんのに、どうやって両手で弾くんやろう・・・? ってずっと謎でした。
ということで、ピアノのお師匠さんにどうやって弾くのか教えてもらいました♪

練習の順番

①片手ずつ練習する

②両手で合わせる(左右を【わざと合わせて】弾く)

③わざと合わせて弾くのをやめて【あいまい】に弾く

ざっと書くとこんな流れなんです。
ポイントは、②の両手で合わせるのところ
です。合わへん曲やから、最初は、【わざと合わして】弾く練習をすることです。
これは、目からウロコでした!!
(でも、わざとかっちり合わせすぎばっかりを練習すると、最後にあいまいに弾かなあかんから、そこで戸惑わないように注意しないといけないです。実際はそこが難しかったですね。)

その合わせ方を紹介していきますね。

ここからは、かなり算数みたいな勉強になって頭が痛くなると思うので、勇気のある方だけ見ていただけたらと思います・・・^^:

えっと・・・、この曲は、右の音数がぜんぶ同じじゃないんです。
まずは、1小節ずつ、何個入っているか調べます。(1個ずつ音を数えるのでかなり面倒くさいです(笑)

スポンサーリンク

具体的な練習方法

①右の音の数をすべて調べて、楽譜に書く

例えば、最初やったら右の音が19個ある。数字を楽譜に書く
IMG_3378
19個は6で割り切れない。割ると、19÷6で、「3,16・・・」
つまり3個よりは多いってこと。なので、「333 33」で合わして弾きます。3つずつ音を入れたら1音あまるから、最後は4つ入れて弾くってこと。なので、19個の小節は、最後1個あまるから、最後だけちょっと早く弾けばいいんです。
IMG_3379
こんな感じで、ぜんぶの音を調べます。
(面倒くさいけど、やっといたらあとがラクでした。)

調べたらこんなにありました。(把握しておくと後がラクでした)
・19個
・23個
・21個
・18個
・16個
・20個
・24個
・13個

で、そのうち18個と24個は6で割り切れるので左右が合うから問題ない。ややこしいのは割り切れへん音のところ。

②音を均等に入れていく
・19個・・・「333 334」で弾く
・23個・・・「444 443」19個のときより早く弾く
・21個・・・「334 335」苦肉の策か・・・!?
・18個・・・3つずつ入れたら合う!
・16個・・・「224 224」ゆっくり弾かないと間延びするところ
・20個・・・「334 334」
・24個・・・4つずつ入れたら合う!
・13個・・・「445」
ついて来れてますかね・・・(ドキドキ><)
特にややこしい21個の連符のところの楽譜です。苦肉の策の、「334 335」です。
IMG_3380

では、実際にどうやって弾くか動画にしてみました。
それは次回です。少しでも参考になればと思います。
※あくまで私のやり方なのでこれがすべてではないです。音を均等に入れることにこだわってはいけないんです。

使っている本はこちらです。
「ツェルニー 40番」
ツェルニー40番

※ツェルニー40番についてまとめた記事はこちらです(演奏動画あり)
今日も読んで下さりありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31