京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

歴代のピアノの先生はどんな人?その①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、私が今まで習ってきた歴代のピアノの先生のお話しをしたいと思います。

私は音大は出ていません。
小学校4年生のときに、近所のピアノ教室に行って趣味として楽しんで、
みんなが学ぶであろう教本を勉強して、普通の学校に通って、一般企業に就職した人間です。

で、好きなことで生活がしたいと思ったので、今は、会社をやめて、自宅でピアノ教室をしています。(現在指導歴4年目)

私は、これまで、計6人の先生に習いました。

今まで習ってきた先生がどんな人なのかについてお話ししていきます 🙂

スポンサーリンク

1人目 近所の先生

近所のピアノの先生です。音大は出ていないと思います。たしかカワイ系の先生・・・?
(先生のプロフィールなんて聞けへんので、あやふやな情報です・・・)
普通の自宅でされていて、看板もありません。親があの家に生徒が出入りしてるという話を聞いて、習いに行きました。
家から近くて歩いて3分程度(笑)。めんどくさがりなので遠かったら習ってなかったと思います。
初めてピアノを教えてくれた先生です。優しくてしっかりした先生でした。

2人目 ヤマハのバリバリ先生

ヤマハのピアノ講師の資格を取るために、本格的に習い始めた先生。
自分で、ヤマハ教室を探して申し込みました。
先生は、音大卒で、自身もリサイタルをされるようなバリバリの先生。音楽が大好きで明るくて活発な方でした。
私はけっこう内向的なので、積極的な感じに逆に引いてしまい心を閉ざしてしまいました・・・。
おまけに、本格的なピアノ勉強に戸惑ってだんだんピアノがイヤになりました。
あと、先生の言うことがさっぱり理解できなかったんです><
例えば、「もっと大切に音を弾いてね」とか、「手首は動かしすぎないで!指を固めて弾くのよ!」とか。
大切に弾くって何なん!? あと手首に力を入れたらあかんのに動かしすぎないでってどういうこと!?
今まで、音の出し方とか、手首のこととか全く指導されなかったので、かなり戸惑いました。
で、イヤイヤ試験を受けていたので、ヤマハの試験に落ちまくって、人生初めての挫折を経験。
先生がヤマハをやめるのと同時に自分も教室をやめました。

3人目 なんちゃって先生

地元友人の紹介で出会った先生。一度ピアノから遠ざかったけど、地元の友人との再会でもう一度始めることに。けっこうお歳がいっていておばあちゃん先生って感じでした。
友人いわく、「これまでに数百人も指導してきているベテラン先生やから良いと思うよ」とのこと。友人が音大を出ていることもあり、良い先生なんやという先入観が強く、なかなか本性が見抜けませんでした(汗)
というのが、ふたを開けたら、口ばっかりの先生やったんです。見本演奏もないし・・・ 😥
ピアノを弾いても、後ろのソファーで座ってただ聞いてるだけ。いろいろアドバイスがほしいのに、「うん。いいんじゃな~い!?」と言う具合で何も言ってくれませんでした。(_| ̄|○)
で、また、再び、ピアノの試験を受けたくなって、また別の先生を探すことになったんです。で、皮肉にも、この先生の楽器店のつながりで、新しい先生を紹介してもらうことになりました。
でも、紹介してもらった手前、なんちゃって先生をやめられなくて、一時2人の先生に習っていました・・・。
で、ついに不信感が募ってやめました。(仕事が忙しくなったとウソをついてやめました 😥 )最後は、レッスン時間の半分以上は近所の人の悪口。なので、レッスンが3時間以上に及ぶことがありました。
正直なんでこの先生に習ってたかわかりません・・・(笑)。

 

スポンサーリンク

4人目 自分が成長して不信感を抱いてしまった先生

なんちゃって先生の紹介で出会った先生。
お家がお金持ちなのかレッスン室が地下にあって十畳以上あるお部屋にグランドピアノが置いてありました。初めてお邪魔した時に、思わず「うわぁ~!!」と言ってしまいました 😛 勉強するにはもってこいの良い環境です。
この先生のおかげで、無事ヤマハの講師の資格がとれたものの、ある時から練習をしても上達しない日々が続きました。弾けない箇所を何十回弾いても、それを1週間繰り返しても・・・上達しないんです 😥
レッスンに行っても、あまり効果的なアドバイスがなく、家に帰ってどうやって練習したらいいかわからなくなっていました。先生も少しずつイラだち始めて、なんで私が上達しないのか不思議な様子でした。なので、だんだんレッスン中の雰囲気が微妙になっていったんです。
で、そんな状況をピアノ講師をしている友人に打ち明けたところ、
練習してるのに上達しないのは、あきらかに先生の指導に問題があるよ」とのこと。友人が習っている先生と比較していくうちに、尊敬していたはずの先生に不信感を抱くようになってしまいました・・・。
たぶん、先生に不信感を抱き始めたのは、自分が今の先生に近づいてきたからやと思うんです。
でも、先生に恩があります。ヤマハの講師の資格が合格できた恩人なのです。そんな先生に不信感を抱いてしまい、他の先生に移りたいなんて言えませんでした。
そんな、やめたいけどやめられない時期が数か月続けたけど、やっぱりレッスンに終わりがきました。
もう自分の中で、「この先生に習っていたら自分は上達しない!」と思う気持ちが強くなったんです。
やめる理由をいろいろ考えたけど、仕事とウソをつくのはやめよう。正直に話そうと思いました。話した内容はこれです。
「ピアノ講師をしている友人が習っている先生がいる。自分と同世代の方がたくさんいて、刺激になる。そんな人たちと一緒にピアノを勉強していきたい。今日で最後にしたい」と・・・。
今の先生の生徒は、ほとんどが幼稚園児とか小学校低学年くらいの小さな子どもを教えてはったので、張り合いがありませんでした。誰かと切磋琢磨したかったんですね。それぐらいピアノを学ぶことに真剣やったんです。でも、こういう風に思えたのも今まで教えてもらったおかげやから、ほんとに悲しくなってきて、涙ながらに話してしまいました・・・。
先生は、「うん。わかった。そんな気がしてたよ。がんばってね」とのことでお別れしました。
でも、今振り返って思うのは、やめる理由を正直に話せてよかったと思っています。やっと胸のつかえがとれたような気がしました。
思いのほか話が長くなったので、これくらいで。続きは後日・・・。
歴代のピアノの先生はどんな人?その②(終)

まとめ

1人目・・・近所の先生(親が見つけてくれた)
※小4~短大まで
2人目・・・ヤマハのバリバリ先生(自分で探した)
※短大~社会人1年目まで
3人目・・・なんちゃって先生(友人の紹介)
※20代前半 半年~1年!?でやめたかな
4人目・・・自分が成長して不信感を抱いてしまった先生(なんちゃって先生の紹介)
※20代前半 4年ほど習った

今日も読んで下さりありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31