京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

(まとめ)ショパン・子犬のワルツの弾き方♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
ショパンのワルツと言えば、ぱっと最初に思いつくのが「子犬のワルツ」ではないでしょうか。

最近はピアノ演奏してるテレビ番組が増えて、何かと有名人が子犬のワルツを弾いてはるのを見ます。YouTubeでも、小学生の子がプロ並みの速さで弾いてはるのを目にします。

一度は弾いてみたいですよね! CDや動画やと速すぎて参考にならないと思っている方のために、子犬のワルツをゆっくり弾いた動画を作ってみました。
参考になったらうれしいです^^

その①

トリルの弾き方がわかります。トリルが弾きにくいのである音を1音削ります。

その①の続き。

CDっぽく弾くコツがわかります。。ほんとにちょっとしたことです。

その②

引き続きトリルの弾き方がわかります。その①の記事と似ています。

その③

中間部の入り口までです。左の伴奏の指使いがわかります。

その④

中間部です。この箇所をCDっぽく弾くコツがわかります。左右合わないリズムの解説をしています。

スポンサーリンク

その⑤

右手の弾きにくい装飾音符の弾き方がわかります。

その⑥

最初に戻る長~いトリルのところです。ペダルは踏みっぱなしにします。

その⑦(終)

こちらが最後です。最後の一気に駆け降りるところの弾き方がわかります。

最初から通したら・・・

比較的ゆっくり弾いています。

おまけ

左手の弾き方のコツはこちらです。3拍子の感じ方がわかります。

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31