京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

(ピアノ教材)ツェルニー40番の3番を弾いてみた♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、(ピアノ教材)ツェルニー40番の3番を弾いてみた」についてお話ししたいと思います。
今、自分のレッスンで、ツェルニー40番を練習しています。

このツェルニー40番は、きっちり弾こうとするとなかなか難しいんです><
あなどってはいけません!

譜読みは簡単やけど、それをある程度の速さで弾くのが難しいんです。
それを、指への負担を軽くして、いかにラクに弾きこなすかが課題になるんです 😉

スポンサーリンク

これは「アルペジオの練習」です

弾き始めて1カ月が経過・・・
最初簡単そうに思っていたのですが、いざ弾いてみると、指使いが結構ややこしくて、ノーミスで弾くのが大変。
レッスンは3回目に突入。弾き始めて1カ月が経ちました・・・。
IMG_2167

仕上げは、「4分音符=120」の速さと言われています。今は、「4分音符=110」がやっと。あともう少し弾き込みます。
今の出来はこんな感じ。途中、音がぐちゃっとなりかけてるところもありますが、これが今の限界です。
良かったら聞いてください^^;

 

練習を「10」とすると「8」はゆっくり練習をするべし!

ちなみに、こんなに速く弾く練習はほとんどしてません。家での練習を「10割」としたら、2割は速く弾いてみる、残りの8割はゆっくり練習をします。同じ箇所を何回も何回も嫌と言うほど練習します。

例えばこことか。指使いがややこしくて苦労しました。この箇所だけかなり弾き込みます。
IMG_2175

ここも苦手です。たった1小節だけやけど、結構時間をかけます。そうすると不思議なんですけど、だんだん指がなじんできて、速く弾けてるんですよね^^
IMG_2176

この箇所に至っては、左も右も音が飛ぶので、頭がパニックになりそうです(笑)心の中で「次の音は右がソから始まる、左がラ」とか思って弾きます。
IMG_2177

スポンサーリンク

ちなみにゆっくり弾くとこんな感じになりました。「4分音符=45」の速さです。

まとめ

・3番は「アルペジオの練習」です。指使いが結構難しい
・速さは「4分音符=110」が限界
・練習を「10」とすると、ゆっくり練習は「8」。残りの「2」で速く弾く練習をする

※ツェルニー40番についてまとめた記事はこちらです(演奏動画あり)。

聞いてくださりありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31