京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

(練習期間1カ月目)難易度超高い!ショパンの「英雄ポロネーズ」練習しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今、ショパンの「英雄ポロネーズ」を練習しています!!
譜読みを始めて1カ月が経ちました。これから1カ月単位で練習日記たるものを書いていきたいと思います(練習が辛くなったときに、この日記を読んでモチベーションを持続させるという計画です! 前回の記事はこちらです)。

先日、ピアノの先生をしている友だちに英雄ポロネーズを弾くって話したら、「あれは、最後まで休みなしやし、腕が痛いのと体力勝負やった。あれができると、どんな事もできる気がするわ」と話してくれました。これからどんなことになるのか不安ですが、今はワクワク感が勝っています^^

スポンサーリンク

1カ月でどのレベルかと言いますと・・・。まだ2ページしか見れてなくて・・・。
「超ゆっくりスピードでなんとか両手で弾ける」ぐらいのレベル。まだ「英雄」ではなくて、「英雄風」の曲を弾いてるって感じ(笑)。最初の「ミ」のオクターブがむっちゃかっこいいです!

この1カ月で先生に言われたこと

・指の着地をきっちり、今は速く弾かないで、ゆっくり練習のみ!
・1音1音残さず確実に弾くこと!
・初歩の段階からスタッカートやスラーは必ず守る
・強弱はとりあえず置いておく
・和音は力いっぱい弾くのではなく、「弾く」という行為ではなく「落とす」という感覚。
※先生の言ってることは何となくはわかるのですが、すぐにできないことばかりなので辛いところです・・・。

頑張って弾いてる部分!

初っ端のページ、このややこしい右の和音。4度の和音がかなり弾きにくいです
IMG_2488

で、「ミ♮」のあと、黒鍵であってほしかった・・・(><)。かなり弾きにくいです。最初から通して弾くと絶対ここでとちります(TT)
IMG_2489コピー

ここの右手が弾きにくい(涙)。指をかなり広げないといけないので、指がさけそう(笑)。何回練習してもうまくなりません。
IMG_2490

ここを弾いたときは感動しました~。あの有名なサビの部分ですね。
IMG_2491

スポンサーリンク

ここはどう考えてもCDのようには弾けません。赤マルをした音は、CDでは聞き取れません(笑)。きっと、触るぐらいかものすごくラクに弾いてはるのやと思います。
IMG_2492コピー

この左手のダラランを素早く弾かないといけないのです!
IMG_2493

練習時間はどれくらい!?

できるだけ平日5日間は弾くようにしています(土日は休みます~。)。トータルで1日1時間ぐらいですかね。でも日によって違います。1日30分の日もあれば、気分が載ってて、1時間半ぐらいぶっとうしで弾く場合もあるので。

モチベーションは?

今のところは闘志に燃えています!できるだけ毎日弾くことを心掛けています~。たぶん3、4カ月ぐらいから泣き言をいうような気がしています。「あそこが弾けないだの、何回練習してもうまくならないだの、手が痛い」など、何かにつけて言い訳をしそうな自分がいます。そんなときは、この練習日記を読んで初心に戻りたいと思います。

1カ月目の動画

最初の2ページだけ弾きました・・・。

(練習1カ月目)難易度超高い!ショパンの英雄ポロネーズをピアノで弾いてみた♪ Chopin Polonaise No.6 Op.53
ショパンの英雄ポロネーズです。 練習1カ月目です。最初の2ページしか弾いていません・・・。 勇気のある方だけ聞いていただけたらと思います^^; 練習日記はこちらのブログです http://kyoto-hannaripiano.com/4401.html

(練習1カ月目)難易度超高い!ショパンの英雄ポロネーズをピアノで弾いてみた♪ Chopin Polonaise No.6 Op.53

2カ月目の練習日記はこちらです。
読んで下さりありがとうございました^^

※英雄ポロネーズ練習日記のまとめ記事はこちらです。

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31