京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

(【4-2】ピアノ初心者向け)ジャズっぽい弾き方とは?~テネシーワルツを例に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。

今日は、(【4-2】ピアノ初心者向け)ジャズっぽい弾き方とは?~テネシーワルツを例に、です。【4-1】のブログで、スイングの仕方は理解してもらえたでしょうか(【4-1】のブログはこちらです)
今日はテネシーを弾いてみます。
使っている楽譜はこちらです(今は絶版になっていました・・・><)。
IMG_1204

スポンサーリンク

「この響きいいやろ~」と思いながら弾いてみよう! 知らんぷりして弾かない!

今日は、AとBの部分を弾いてみますね。クラシックのときでもそうなんですけど、自分が弾いてて、「ここオシャレやな。いい響きやな」って思うところは、知らん顔してさらっと弾くんじゃなくて、「ここいいやろう~」と思って弾くと、とっても素敵な演奏になります。

では、まずAの部分の抜粋です。この部分を弾いてみたいと思います。赤マルのアルファベットはコードと呼ばれるものです。
IMG_1296
何も考えずに弾いた場合と、音の響きを良く感じて弾いた場合と聞き比べてください

どうですか。2回目に弾いた方が心地よく聞こえませんか? 「音の響きを良く感じる=コードを感じて弾く」ということです。

グサッとささる(G7)ところの音量は大きくしよう!

私がこの部分をどのような気持ちで弾いているか文字にしてみました。※ポイントはコード良く感じて弾くことです。
IMG_1304
こんな感じで弾いてます。これを見ながら先ほどの動画をもう一度見てみてください。ポイントは、「グサッとささる」(G7)部分の音量は大きく、「落ち着く(ホッとする)」(C7)部分は、音を小さくして弾きます。

スポンサーリンク

音の響き=コードを感じて弾いてみよう!

では、Bの部分です。何も考えずに弾いた場合と、音の響きを良く感じて弾いた場合と聞き比べてください(写真が2枚にわたっています)赤いマルがコードと呼ばれるものです。
IMG_1297
IMG_1298
何も考えずに弾いた場合と、音の響きを良く感じて弾いた場合と聞き比べてください。

どうですか。違いわかりますかね?

「落ち着く」ところの音量は小さく弾いてみよう!

私がこの部分をどのような心境で弾いているか文字にしてみました。。※ポイントは赤マルのコードをよく感じて弾くことです。
IMG_1300
IMG_1301

メロディーの横のつながりを感じて音の響き(コード)をよく味わうことが大事です!
読んでいただきありがとうございました^^

【まとめ】
・自分が弾いてて、「ここオシャレやな。いい響きやな」って思うところは、「いい音やなぁ~」と感じながら弾くこと!(知らん顔して、涼しい顔して弾かないこと^^)
・Aの部分・・・ふつう(平穏) → 影りが見える(不安)→グサッとささる→落ち着く(ホッとする)
・Bの部分・・・盛り上げる(聞かせどころ)→落ち着く(ホッとする)→グサッとささる →
落ち着く(ホッとする)→ 少し不安定 → やっぱり落ち着く → 静かに終わる

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031