京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

(新米講師向け)ピアノを教え始めたらぶちあたる悩み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。

今日は、「(新米講師向け)ピアノを教え始めたらぶちあたる悩み」についてです。

この記事は、実際にピアノを教え始めてから読んでもらうと、よりわかりやすいかと思います。

いざ、子どもにピアノを教えてみると、ほんとに難しいんです。
私は、教え出してから、3つのことに頭を悩ませました。

スポンサーリンク

①手の形はいつ教えるのか?

私は一番最初のレッスンのときに言うようにしています。
でも、教えたてのときは、どうやって手の形を教えたら良いかわからなかったので、何も言えませんでした。

で、私が教えているやり方は、「こんな風な手の形で弾こうね」というやり方です。

この方法は、「指のこの部分で弾こうね」とか、「脱力するんだよ」とか、「指先には力を入れるんだけど手首はやわらかくするんだよ」とか、ごちゃごちゃ言わなくて済むから良いなぁと思っています。

具体的に知りたい!と言う方はこちらの記事をどうぞ

 

②音をつないで弾くことをいつ教えるのか?

レッスンを始めて、1カ月以内には伝えるようにしています。

お恥ずかしい話、私は、音をつないで弾くなんて普通のことやと思っていたから、子どもたちは最初からみんなできると思っていました。

でも、いざ教え始めたら、ほぼ全員「ドッ、レッ、ミッ」とぶつぶつ音が切れているではありませんか!

この衝撃は今でも覚えています。

「私が無意識にやっていることって、当たり前ではなかった。最初は音が切れるのが普通なんや」

なので、どうやって音をつなげることを子どもに伝えるのか、どんな言い方をしたらいいのか悩みました。

で編み出したのがこれ。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。
※目次1)「ド、レ、ミ」の単体の音がつながらない場合を主に読んで下さい。

ちなみに、「手の形」と「音をつなげること」を比較すると、
私はどちらかというと、音をつないで弾くことの方をうるさく言います。
音がぶつぶつ切れているのと、つながって弾けてるのでは、演奏に雲泥の差があります。

なので、レッスンでできていない子には、
「ほら、また音がぶつぶつ切れているよ。音をつなぐんだよ。こうやるんだよ」と何度も何度も言うし、
うるさいばああやと思われても言い続けます。楽譜にも「音をつなげる!」と大きく書きます。

ここまでしつこく言うのは、子どもたちに強く意識してほしいからです。

最後3つめ。

スポンサーリンク

③楽譜を見ないで鍵盤ばかり見て弾く子の教え方

実際うちの生徒でいました。
こういう子は、音符が読めません。レッスンを始めて3回ぐらいで発覚。
楽譜を一切見ないで、手元ばかり見て(鍵盤を見て)、自分の耳だけをたよりに弾いているんです。
(ある意味器用やと思いますが、子どもならではかもしれませんね)
なので、音符と鍵盤の位置を一致させる訓練をしました。
これは、最初に覚えてもらったら、あとは簡単です。
音符と鍵盤の位置を一致させる方法はこちらです。

こんな感じで、教え始めたころは、不思議なことがたくさんありました。
今まで、自分が「普通」やと思っていたことは全然普通じゃなかったこと。
自分が「当たり前」のようにやっていたことを、どうやってかみ砕いて子どもたちへ伝えるのかが難しかったです。

教え方等で、何かわからないことや不安があれば、いつでもメッセージをお待ちしていますね♪

最後まで読んでくださりありがとうございました☆彡

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31