京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

初めてピアノを弾く子どもにおすすめの本「5才のリズムとソルフェージュ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、初めてピアノを弾く子どもにおすすめの本「5才のリズムとソルフェージュ」についてお話ししたいと思います。
この教材は、まったくピアノが初めての子どもに使います。

ピアノを弾くには、テクニックはもちろんなんですけど、リズム感や歌いながら弾くことも、同じようにとっても大切なことなんです。実際に教室で使っている教材をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【教える対象】

小学校1年生(小学校低学年)。
※本には「5才の~」ってなってるんですけど、気にせず使っています(笑)。ピアノを初めて習う子はこのぐらいのレベルから使うのがちょうどいいかなと思っています。

この本の目的は?

この本は、2つの目的があります。それが1冊になっている本です。
①リズム感をつけること
②ソルフェージュ力をつけること

どんな風に使っている!?

①リズム打ちの場合
これが最初のページです。これは手拍子します。※必ず先生がお手本を見せてからやってもらうようにします。
IMG_2686

リズムの読み方(リズム唱)はこんな風にしています。上のリズムやと、
「ティティター ティティター ティティティティ ティティター」です
IMG_2711

これができそうやったら、リズム唱(ティティター)ではなくて、「1、2、3」で言える?と拍を言いながら打ってもらいます。
この場合やと、「1、2  1、2  1、2  1、2」になります

慣れて来たら、①リズム唱で、②「1、2 1、2」ので言ってもらいます。

こんなリズムも出てきます。(左右違うリズムを打つので、「複リズム」という言い方をします)
これは両ひざを使ってリズム打ちをします。
IMG_2687コピー2

上の部分は「右」でたたきます。下の部分を「左」でたたくんです。
IMG_2687コピー

で、この部分のリズム難しいので、
IMG_2687コピー1

いきなりひざ打ちしないで、楽譜を立てて、こんな風に指でたどっていきます。
IMG_2700コピー

その時のかけ声は、「りょーて みーぎ りょーて! 」って言いながらします(先生がお手本を見せるんですけど、わかりやすいようにオーバー気味にやります。ピアノのお師匠さんに教えてもらいました!)
イメージとしてはこんな感じになります。感覚がつかめたところで、両ひざでリズムを打ってもらいます。
IMG_2712
最後のページはこんな感じです。付点のリズムがでてきますね
IMG_2692

スポンサーリンク

②ソルフェージュの場合
本の後半からソルフェージュの楽譜になっています
最初のページ目がこんな感じ
IMG_2693

最後のページはこうです。へ音記号も出てきます。音域がそこまで広く出てこないので、ムリなく進めます。
IMG_2694

ソルフェージュは、ドレミの音程で歌うことで、平面上に存在していた音符の羅列、立体的な音(音楽的な音)に変える訓練です。(言い方が上手くできなくてすみません><)
ソルフェージュをするときは、まず音符やリズムが読めていないとできないので、ピアノを習ってからすぐにソルフェージュを始めることは難しいです。なので、リズム打ちに慣れてきて、音符が読めてきたかなぁ~と思った時点で始めています。ソルフェージュを続けて行くと、歌う心が身につくので、ピアノを弾きながら歌うことにつながります。

これを毎回のレッスンでやってもらっています。
(実際には、ピアノを弾くだけで時間が取られてしまう場合があるので、今日はリズムだけ、ソルフェージュだけ、と交互にすることもあります)

「5才のリズムとソルフェージュ」はかなり重宝しています。
※この本の使い方を書いた記事はこちらです(動画付き)

※「初めてピアノを弾く子どもにおすすめの楽譜」の記事はこちら

教材選びの参考になったらうれしいです^^
読んで下さりありがとうございました^^

 

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31