京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

(ピアノ初心者向け)メトロノームとは? 合わせ方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
毎日暑いですね・・・(*´ω`) 毎年夏バテしてしまいます~。

今日も読者さんの質問です。

「初心者はメトロノームを使って練習した方がいいですか? 自分では合っているつもりでも音数が増えるとテンポが速くなってしまいます。メトロノームを使うとそれに気を取られて余計に下手になるので普段は使っていません」

とのことです。

スポンサーリンク

メトロノームとは?

「メトロノーム」っていうのは、一定のテンポで弾くための道具です。
ピアノを習っている人はほぼ持っていると思います。最近は電子ピアノに内蔵されていますが・・・。

2種類あります。

王道のタイプです。昔は振り子でした。こんなやつですね
※ピアノを始めたころに買いました

メリットは、ネジを巻いて使うのでほぼ壊れません。あと電池いらず。デメリットは持ち運べない。

KAWAI製品です。全く同じのはありませんでしたが、これと似てるかな?
「メトロノーム 定番振り子 」¥3,000程度

もう1つがデジタルのもの。個人的には持ち運びができるので、デジタルが好きです。

SEIKOです。今は売ってないみたいですが・・・。似たようなものがたくさん売られています。振り子より値段が安いような。
「メトロノーム デジタル版」¥2,500ほど。

メトロノームを使う意味

「心地よい演奏」に近づけるためです。心地よい演奏って言うのは、「テンポのコントロール」ができていることを言います。
もうこれは絶対で、どれだけ正しいリズムでミスなく弾いたとしても、テンポが一定でないと、聞いている人はとっても苦痛なんです・・・( ̄▽ ̄)

テンポが一定じゃないとは、弾きにくい部分になるととたんにテンポが遅くなってしまい、自分の弾きやすい部分になると急に速く弾いたりと、曲の中でテンポが速くなったり、遅くなったりしてしまうことを言います。テンポが乱れている人の演奏は聞いていると酔ってきます・・・(汗)。

逆に、終始良いテンポ感で弾けていると、少々音を外しても良い感じに聞こえます。
それくらい、一定のテンポで弾くことは大事なのです。

なので、最初のうちはメトロノームを使って練習した方が良いです。

スポンサーリンク

質問にあった、“音数が増えるとテンポが速くなってしまう”ですが、これは誰でもそうなんです。
音の数が増えてくると、「遅れちゃいけない!」という思いが強くなって、逆に速く弾いてしまいがちなんですよね(私もよくあります)。「16分音符が出てきた=慌てないように落ち着いて弾こう」と思うこと。自分の演奏をクセを知るだけでもあとあと違います。

あと“メトロノームに気をとられるとうまく弾けなくなる”ですが、私にも経験があります~。そういうときは、ピアノと合わせるんじゃなくて、手拍子とメトロノームを合わせてみるとやりやすいですよ。それができたらピアノと合わせてみましょう!

【動画】メトロノームの合わせ方

「バイエル44番」を例にお話ししてみました。

(ピアノ初心者)メトロノームの合わせ方
合わせてこちらの記事も見ていただけたらと思います。

(ピアノ初心者)メトロノームの合わせ方

一気にやろうとせずに、少しずつできることを増やしていく方が、一見遠回りのように見えて近道です

まとめ

・メトロノームは一定のテンポで弾くための道具
・初心者のうちはメトロノームを合わせて練習をした方がよい
・テンポが速くなっているのは自分が焦っているから。8分音符や16分音符が出てくるときこそ、慌てずゆっくり弾く

今日も読んで下さりありがとうございました^^

 

**********************
「はんなりメルマガ」やってます!
ピアノ初心者さん向けに、大人の生徒さんや読者さんからのお悩みに答えています。登録特典動画あり。
詳しくはこちら。(クリックすると記事に飛びます)
**********************

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930