京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

新米ピアノ講師向け!初めて弾く子どもへの教え方⑤ ~指番号と鍵盤の位置の教え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、「新米ピアノ講師向け!初めて弾く子どもへの教え方⑤ ~指番号と鍵盤の位置の教え方」についてお話ししたいと思います。

音大出てないけどピアノを教えたいあなたへ

今は会社員やけど、いつか自分もピアノを教えたいと思っている。
今もピアノを習っているから、教えられる技術は十分に備わっている。おまけに実家暮らしやから教えられる環境だってある。
なので、始めようと思ったらいつでも始められる状態。

でも、音大出てへんし、自分には無理なんじゃないかと思っている。

そんなあなたのための記事です。

スポンサーリンク

前回は、リズムの教え方についてお話ししました。

第5回は、「指番号と鍵盤の位置の教え方」についてです。
指番号の教え方は特に注意点とかはないんですけど(笑)

指番号を教えよう

音楽ノートかA4の紙に、子どもたちの手形を書いてあげて、それで教えてあげるとわかりやすいみたいやし喜びます 🙂
指番号

あとは、小学校低学年の子どもは、まだ左右の認識がはっきりしていない場合もあるので、書いてあげたあとに、
「左手の2の指は?」とか、
「右手の3の指は?」とか声をかけて、あげるのもいいと思います。

スポンサーリンク

鍵盤の位置を教えよう。真ん中の「ド」から!

この指番号を教えるときに、鍵盤の位置も一緒に教えたらやりやすいです。
ピアノの鍵盤ってとっても大きいですよね。小さいこどもはこの大きな鍵盤の中から、真ん中の「ド」を探し当てるのは結構難しいものです。
ということで、まずは、真ん中の「ド」を教えます。
よくやるのは、「チョキの左下が「ド」だよ」という教え方です。
IMG_3013

音符と鍵盤の位置を一致させよう!

で、このタイミングで、鍵盤と音符の位置を一致させることもやります。
簡単に言うと・・・、
・ドレミの音符を教える
・音符を見せる
・音符と鍵盤の位置とリンクさせる

さらに、具体的な方法はこちらの記事です。

ポイントは、1つずつバラバラに教えるんじゃなくて、それぞれが、なんとなくできてきたかなってなったら、少しずつそれらをつなぎ合わせてあげることが大切です!(これがとっても難しいのですが・・・><)
「この音符がド、このドは、1の指で弾く、で、ドは鍵盤のここにあるよ」これがつながったら最高です!

この作業は果てしないけど、子どもを信じて、地道に時間をかけてやっていくしかないのです。

まとめ

・指番号を教える
・真ん中の「ド」を教える
・音符と鍵盤の位置を一致させる
・音符、鍵盤の位置、指番号が、横一線につながるように繰り返し教える

次回は、具体的なレッスンの進め方(記事はこちらです)についてです。

「ピアノの教え方」の記事に戻る

読んで下さりありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31