京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

上達が早くなるソルフェージュの歌い方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、「上達が早くなるソルフェージュの歌い方は?」についてお話ししたいと思います。
ピアノ講師してますが、自身もピアノのレッスンに通っています。(前回の記事はこちらです。)

昔からソルフェージュが苦手で、音の読み間違えをしたり、初見演奏(初めての楽譜をその場で見て弾くこと)も未だに苦手です。初見演奏が苦手なのも、ソルフェージュが大きく影響しています。
で、それを克服するためにまたソルフェージュを始めました

スポンサーリンク

楽譜を見ただけで曲のイメージがわかる!

ソルフェージュが出来てくると、ピアノで弾いてみなくても、簡単な曲やったらその音符を見ただけでどんな曲かイメージすることができます。でもソルフェージュの練習で一番やっかいなことは、すぐに効果が出ないということです。だから飽きて続かない人が少なくないんです。なんでもすぐ上達が見えた方がやりがいがありますもんね。

せっかく練習するなら、上達が早くなる歌い方をしたいですね。その歌い方を紹介します。

具体的な歌い方はこうです!

例えば、この楽譜。(画像悪くてすみません・・・)
ソルフェージュ①

ちなみに、レッスンのとき、へ音記号の場合は、赤マルのところは、高い「ド」の高さで歌って、青マルのところは、真ん中の「ド」の高さで歌っています。
IMG_2608コピー

(普通のやり方)
・ピアノと一緒に歌ってみる。

(私のやり方)
①まず、最初の音をピアノで鳴らす(この場合は真ん中の「ド」)。「ド~」と声を出して、「ド」の音を確認。
②頭の中で「ド」の響きをイメージして、声に出さずに一度心の中で歌ってみる。 ←声に出さないのがポイントです。
③とりあえずピアノなしでアカペラで歌う。←音が外れててもOK。←音が飛ぶところ注意です。
④最後にピアノと一緒に歌ってみる ←音が間違ってたところは、ピアノを使って繰り返し歌って修正する。

スポンサーリンク

声に出さずに心の中で歌う!

「なに!? これだけ?」という声が聞こえてきそうですが(汗)、実際こういう風に練習している人がどれくらいいるでしょうか? 確かに単調すぎてつまらないです。だけど、これの繰り返しです。1問するだけで結構疲れます。特に「声に出さずに心の中で歌う」っていうのが大変です。
なので、慣れないうちは1問だけを集中してすることをおすすめします。パーっと数問やって「ハイおしまい」はもったいないです。なんでもそうですけど、泥臭い練習が一番です。私はつらくなったら、声を出す練習、お腹周りのシェイプアップにもなる!って言い聞かせています^^;

今使ってる教材は。これです。やさしいソルフェージュ(A)[改訂新版]
今p15まで進みました!
楽譜を見るときはグッと集中して見るから疲れますね^^ 続けられるまでがんばります!

今の

まとめ

①最初の音をピアノで鳴らす
②声に出さないで、心の中で歌う
③声に出してアカペラで歌う
④合ってたかピアノでメロディーを弾きながら一緒に歌う

次回は、ソルフェージュを続けてやってる人、やってない人のの違いについてです

「ソルフェージュ」についてまとめた記事はこちらです
合わせて見ていただけたらと思います。
読んでくださりありがとうございました♪

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31