京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

ソルフェージュの意味とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、「ソルフェージュの意味とは?」についてお話ししたいと思います。
ピアノ歴24年ですが、昔からソルフェージュが苦手でした。

ソルフェージュ
っていうのは、簡単に言うと、「楽譜を見て、ドレミで歌ったり、リズムを打ったりすることで、歌う心やリズム感を養うこと」を言います。

スポンサーリンク

昔、先生に、「こんなのぱっと読めないとダメよ!」 と言われた・・・><

で、実際どんなことをするかというと、その場で初めて見て先生の伴奏に合わせて「ドレミ~」で歌います。
私は楽譜を見ても、ドレミの音が瞬時にわからなかったので(汗)、事前に家で予習してから歌っていました・・・。
しかも予習してきても一発合格はならず・・・。
先生に「こんなのぱっと見て歌えないとダメよ!!」って言われてショックでした。

「ラ」を「ソ」と読み間違えて歌ってしまう

とにかくドレミで歌うのが苦手です(><)!(鼻歌ならできるのになぁ~)
例えば、ラ」なのに「ソ」とか読み間違って歌ってしまいます。(ちなみに「ラ」の音程は正しくとれてます。「ラ」の音程で「ソ」と言ってるんです)なんで読み間違えるのかというと、「ラ」を「ラ」の音をわかってないってことなんです!

絶対音感がある友だち曰はく、
「「ラ」は「ラ」やで!「ラ」を「ソ」とは間違えたくても間違えられへんで。ある意味器用やな」とか言われます。

で、今習っているピアノの先生に、音符をスラスラ読めるようになるために、もう一度ソルフェージュをすることにしました!
繰り返し歌っていると、脳が「ラ」の音をきちんと「ラ」と認識して、読み間違えが減っていくとのこと。

今使ってるのがこちらの本↓
やさしいソルフェージュ(A)[改訂新版] 1,000円程度です。(小学生が使っている本です 😯 。基本的なところからやり直しです!)
今の

先生が「この本1冊終わったら、いつの間にか楽譜が読めてるよっ」て言われました。
先生を信じて、コツコツ諦めずに頑張ります。
ただいまp8、9を練習中♪

まとめ

ソルフェージュとは、楽譜を見て、ドレミで歌ったり、リズムを打ったりすることで、歌う心やリズム感を養うこと

次は、ソルフェージュの効果についてお話ししてみたいと思います。

※「ソルフェージュ」についてまとめた記事はこちらです

合わせて見ていただけたらと思います。
読んで下さり(人”▽`)ありがとうございました☆

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930