京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

(小学1年生以上)ピアノの拍子の種類の教え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、「ピアノの拍子の種類の教え方」についてお話ししたいと思います。

私は、今ピアノ講師をしていますが、拍子の説明って結構難しいですよね。少しずつピアノを弾くことに慣れてきたなと思ったら拍子について説明します。
(個人的には、ソルフェージュを始めるあたりから教えています)

では、基本的なことを教えていきましょう。
まずは、4/4拍子と3/4拍子の違いです。

スポンサーリンク

4分の4拍子です

まずは、4/4拍子。
口で説明するととってもまどろっこしいので、紙に書いちゃいます。
4/4拍子の説明
IMG_3702

(1小節に)4分音符が4つ分入っている」と教えます。

ポイントは、上が拍子を表す下が音符の種類(4分音符とか8分音符ってこと)を表します。
なので、イメージとしてはこうです。
IMG_3703

実際に楽譜を見てみましょう
IMG_3758その①

4分の3拍子です

じゃあ、3/4拍子はどうなるか。
紙で説明するとこうです。「(1小節に)4分音符が3つ分入っている」と教えます。
IMG_3704

イメージとしてはこうです。
IMG_3705
実際に楽譜を見てみましょう
IMG_3761その①

4分の2拍子はちょっと速く弾く

あと、こういうのも出てきますね。2/4拍子。「(1小節に)4分音符が2つ分入っている」と教えます。

イメージとしてはこうです。
IMG_3712

実際に楽譜を見てみましょう
IMG_3762その①

2/4拍子が出てきた時は、「4/4拍子のときより、速いスピードで弾こうね」と伝えます。2/4も4/4も一見似てるんですけど、決定的な違いで言えば、速さが違います。2/4拍子の方が速いです。

スポンサーリンク

8分の6拍子やと・・・

では、6/8拍子はどうなるか?
ここで重要なのは今までは4分音符で考えてきたけど、8分音符を1拍として考えることを伝えます。4/4拍子3/4拍子とは全然世界が違うことを知ってもらいます。(6/8拍子の詳しい説明はこちらの記事をどうぞ
紙で説明するとこうです。「(1小節に)8分音符が6つ分入っている」と教えます。
IMG_3709

イメージとしてはこうです。
IMG_3710

実際に楽譜を見てみましょう
86拍子その①

いろいろ書いたけど、一度に教える必要はないので、ソルフェージュなどで、その拍子が出てきた時に説明したらいいと思います。

今までの話を整理すると・・・

上が拍を表して、下が音符の種類を表します。
IMG_3714
下が音符の種類やということがわかったら、こんな間違えはしないと思います。
IMG_3716

あと、これも重要です。
4分の●拍子は、【4分音符を1拍】で考える
8分の●拍子は【8分音符を1拍】で考える。

これがわかったら、ピアノを弾くときも、ソルフェージュで歌うときも混乱しないと思います。
あとはこれの応用です。

応用問題です

これは2/2拍子です。なので、1小節に2分音符が2つ分入ります。
2分音符を1拍で考えるので、速く弾きます。
IMG_3763その①

リズムの叩き方はこんな感じです。

リズムの叩き方(2分の2拍子)
対象は小学1年生以上です。 「リズムとソルフェージュ①」を使いました。 詳しくはこちらの記事を見ていただけたらと思います^^ http://kyoto-hannaripiano.com/10548.html

リズムの叩き方(2分の2拍子)

これは3/2拍子です。1小節に2分音符が3つ分入ります。2分音符を1拍で考えるので、速く弾きます。
IMG_3764
リズムの叩き方はこんな感じです。

リズムの叩き方(2分の3拍子)
対象は小学1年生以上です。 「リズムとソルフェージュ①」を使いました。 詳しくはこちらの記事を見ていただけたらと思います^^ http://kyoto-hannaripiano.com/10548.html

リズムの叩き方(2分の3拍子)

これは3/8拍子です。8分音符を1拍として考えます。なので、1小節に8分音符が3つ分入ります。
これはそんなに速く弾きません。普通のテンポです。
IMG_3765その①
リズムの叩き方はこんな感じです。

リズムの叩き方(8分の3拍子)
対象は小学1年生以上です。 「リズムとソルフェージュ①」を使いました。 詳しくはこちらの記事を見ていただけたらと思います^^ http://kyoto-hannaripiano.com/10548.html

リズムの叩き方(8分の3拍子)

この応用問題は、あくまでも拍子が分かっているかの問題なので、実際の曲ではあんまり見たことがありません。6/8拍子はよく見かけますけどね。
なので、2/2拍子、3/2拍子、8/3拍子が出てくるのはソルフェージュの問題ぐらいです。

まとめ

上が拍を表して、下が音符の種類を表すことを伝える。
4/4拍子と4/3拍子の違いを説明。4/2は少し速く弾く。6/8拍子は、8分音符を1拍として考えること。

今日も読んで下さりありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930