京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

ソルフェージュの具体的な練習方法は?どんなやり方をする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は「ソルフェージュの具体的な練習方法は? どんなやり方をする?」についてお話ししたいと思います。(前回の記事はこちらです。)

「ソルフェージュ」って言うのは、かたっ苦しい説明は置いておいて、「楽譜を見て、ドレミで歌ったり、リズムを打ったりすることで、歌う心やリズム感を養うこと」です。

 

スポンサーリンク

では、練習のコツを紹介しますね。まずこの楽譜を見てください。8小節の短い曲です。

歌う前に確認すること

このとき確認すべきは、何拍子の曲なのか?(正解は、4拍子です。4分音符が1小節に4つ分入ってるからです)
IMG_1108

次に、音が飛ぶ箇所を確認します。※ちなみに最初の音は「ソ」です。できるだけ瞬時に音階が読めるようにしたいところです。
IMG_1108その②

休符がある箇所を確認します。※休符は優先順位が低いですが、ここも忘れずチェックしたいところ。
IMG_1108その④

スポンサーリンク


歌っている最中に意識すること(←大事です!)

自分が歌ってるところの、次の小節を見ていること(常に、目線は次の小節、次の小節を見るんです。今歌ってる箇所で精一杯って思いますが、ここはクセづけてでやっていきましょう。私も意識しないとできてません)
この場合、1小節目を歌ってるときの目線は、2小節目です
IMG_1108その⑤

この場合やと、目線は下の段です。4小節目でほっとしたらダメです(笑)
IMG_1108その⑥

先々の音符を目で追っていくのは、毎回できてなくて、いつもレッスンで先生に「立ち止まらない! 次の音見て~」と言われて、はっと気づくことが多いです。このクセ付けができたら、曲を弾くときも、「次の音を慌てて弾くことが少なくなる」と思うんですよね。
今使ってる教材は。これです。やさしいソルフェージュ(A)[改訂新版]¥1,110(税抜)
p17が終わりました。へ音記号どんどん行きます!

今の

まとめ

★歌う前に確認すること
・何拍子の曲か?
・音が飛ぶところを確認
・休符があるところを確認
★歌ってる最中に意識すること
常に次の小節、次の小節を目で追ってること!

次回は、上達が早くなる歌い方についてです

「ソルフェージュ」についてまとめた記事はこちらです
合わせて見ていただけたらと思います。
読んで下さり(人”▽`)ありがとうございました☆

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31