京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

ピアノのディミニッシュ(dimコード)の和音記号は?書ける?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。

今日は、ディミニッシュ(dimコード)の和音記号のお話しです。

和音記号の勉強をしていたときから、ずっと気になっていたことで、やっと意味がわかったので、頭の整理のために記事にしたいと思います。

ずっと、ディミニッシュ(dim)の和音記号がわからなかったのです。
で、先日お師匠さんのレッスンのときに聞いてみました。
話を聞いてみるとすっごくややこしくて、納得するまでにかなり時間がかかってしまいました・・・。

結論から言いますと、ディミニッシュ(dim)は、和音記号で書くことはまずない。(ややこしいから)覚えなくて良いとのことです。

なので、これからお話しすることは、気になる人だけ読んでください(汗)

スポンサーリンク

ディミニッシュの和音記号です

これが、F♯dimの和音記号です。 ※ハ長調の場合です
img_4972

※なんでこんな和音記号なのかを説明してみたいと思います。

1つ1つ分解していきます。
①まずこの和音記号で考えます
img_4973

②次にこの和音で考えます
img_4974

③最後にこの和音で考えます
img_4977

スポンサーリンク

つまり根音の「レ」を省略しなかったら、「D-9」やけど、
省略してしまったら、「F♯dim」に変わってしまうんです
img_4976

よく先生が「この音は根音が省略されてる」とか言ってはった意味がようやくわかりました。
それと同時に、コード進行の複雑さを知りました・・・。

もうこれ以上、ディミニッシュの和音記号について追究するのはやめようと思います(汗)

分かってもらえたでしょうか・・・。

あと、sus4(サスフォー)やaug(オーギュメント)の和音記号も覚えなくて良いとのことでした^^;

今日も読んでくださり、ありがとうございました☆彡

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31