京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

速い曲を弾くコツとは?ゆっくり練習ばかりしても速くならない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。

今日は、読者さんからの質問です。

「ピアノにブランクがあります。指の動きが遅くなり速い曲がマスターできない。何かよい練習方法はありますか?」

この方は、ピアノ経験が豊富な方です。

スポンサーリンク

ゆっくり練習だけしても速く弾けない

速い曲をマスターする方法で、よく言われるのが、
「速い曲やからこそ、ゆっくり練習が必要。ゆっくりでも弾けないなら速いスピードでは弾けるわけがない。だから、地道やけど、少しずつテンポを上げていくしかない」ということです。

この話、たしかにその通りやと思います。

過去の私も、この言葉を信じて、ゆっくり練習した曲がありました。

でも・・・

でも・・・

これだけじゃないんです・・・!!

私はいくらゆっくり練習をしても、速く弾けなかったんです・・・><

で、家でひたすら指を動かしていたらわかったのです。ゆっくり練習ができたら、次は、「速く弾くための練習」をしないといけないのです!

では、具体的にお話ししていきますね。

スポンサーリンク

具体的な練習方法

まず、右手「ソドラドソド」という音があったとします。(8分音符が印象的な「スケーターズ・ワルツ」です)
IMG_5430-300x225

※速く弾くための練習は、ゆっくり練習がきちんとできてからの話なので、まずはゆっくり練習からお話しします。

①まずはゆっくり練習
付点や逆付点のリズムで練習をする
※リズムを言葉で表すなら、付点が「ぎょ—ざ」、逆付点が「ルビー
※1音1音きっちり確実に鳴らす
※確実に鳴らすことで速く弾いたときに、音の粒がそろってきます

②それができたら、速く弾くための練習をする
※ 何回も出てくる「ド」はおまけの音なので力を入れない
※「ソーラーソー」が聞こえるように弾く
※最初の「ソ」の音を押した力で残りの音を弾く

文字で書いたけれど伝わりますか・・・?
一応練習方法を動画にしてみました。

動画です。

速い曲を弾く方法
読者さんからの質問です。 「速い曲を弾くコツとは?ゆっくり練習ばかりしても速くならない!」 こちらのブログで詳しく書いています。 良かったら読んでみてください^^

速い曲を弾く方法

まとめ

①ゆっくり練習をイヤほどする
2種類のリズム練習
②速く弾くための練習をする
※力を入れる分、抜く部分を考えて弾く
※「ひとかたまり」を感じて弾く
※すべての音を力任せに弾かない

少しでも参考になればと思います。

今日も読んで下さりありがとうございました^^

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031