京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

ピアノの強弱について③(裏技ソフトペダル)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。

今日は、ピアノの強弱について③(裏技ソフトペダル)についてお話ししようと思います。

ピアニッシモで弾くときの裏技です。
たぶんこのやり方、賛否両論あると思います(#^.^#)

スポンサーリンク

ピアニッシモを出すのは至難の業!

p(ピアノ)は音を弱く弾きます。(pp)ピアニッシモはさらに音を弱くして弾きます。
で、p(ピアノ)で弾くためには、指の圧力を弱くして弾かないといけません。じゃあpp(ピアニッシモ)は、これにならったら、さらに指の圧力を弱くして弾かないといけませんよね。
ただでさえ小さく弾くのがしんどいのに、さらに指の圧力を弱くすると、はっきり言って音は出ません。

で、音が出ないくらいやったら、音を出そうという考えになります。で、あんまりppで弾けなくなってしまって、pとppの差がつけられなくなるのです・・・。

pとppの差はソフトペダルでつける

そこで、本当はやっちゃいけませんが、私はソフトペダルを踏んで、音を小さく弾いちゃいます。

ソフトペダルはペダルが3本あるうちの一番左のペダルです。

もともとソフトペダルっていうのは、音をやわらかくする効果があって、音色を変えたいときに使います。音もわずかに小さくなります。私は、その「わずかに小さくなる」ところを利用しているのです。

スポンサーリンク

どの部分でソフトペダルを使うのか?

で、どういう箇所で使うのかお伝えしときますね。
例えばここ。
ノクターン遺作の出だし。もうここは使うほかないでしょう。2回目で使って、1回目との差をつけます。
ここを自力で弱くするのはかなり困難。

あと英雄ポロネーズの左「ミレドシ」のところ。1回目でできるだけ音を弱くしておいて2回目で爆発させるのです。

あと、ブラームス118やったらここかな。
和音やのにppとかありえへん。私はここで使います。

ちなみに私がソフトペダルを使い始めたのはピアノ習い出して10年以上経ったぐらいでした。
ペダルを踏みながら、左のソフトペダルを弾くことに慣れるのに時間がかかったけれど・・・。
むやみやたらに弾くのはどうかという意見もあるのですが、まあ、自分で踏む場所を決めてやる分には良いかなぁ~と思っています 🙂

ソフトペダルの押し方は?

普通のペダル同様、一番下まで踏みます。ペダルを離すときは(一気に足を上げるんじゃなくて)徐々に上げていきます。

まとめ

ソフトペダルは、音をやわらかくする効果があって、音色を変えたいときに使います。音色は少しこもった感じ。音もわずかに小さくなるので、pとppの差をつけたいときに有効。

参考まで。
・ピアノ強弱の弾き方①(体のどの部分を使って弾くのか)の記事
・ピアノの強弱について②(楽譜の見方)の記事

今日も読んでくださってありがとうございました☆彡

**********************
「はんなりメルマガ」やってます!
ピアノ初心者さん向けに、大人の生徒さんや読者さんからのお悩みに答えています。登録特典動画あり。
詳しくはこちら。(クリックすると記事に飛びます)
**********************

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031