京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

ピアノの強弱について②(楽譜の見方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。

今日は、「ピアノの強弱について②(楽譜の見方)」についてです。

弾き方①では、体のどこを使って強弱を弾き分けているのかをお話ししました。
弾き方②では、強弱記号の楽譜の見方についてです。

この強弱記号の見方ですが、意外と皆さん勘違いしてることが多いのです、今からそれをお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

「cresc.」の見方

例えばこの楽譜。
「cresc.」と書いてありますよね。これはクレッシェンドと同じ意味です。意味は、「だんだん大きな音で弾く」です。

これって、どこから音を大きくしていくか知ってますか?

答えはこうです。

「cresc.」のマークがあるところが、一番弱い部分なんです。

なんで、「cresc.」のマークを見つけたからと言って、すぐにフォルテで弾いたりしたらダメですよ。(私もよく勘違いしていました)

オーバーにいうと、「cresc.」のマークの部分は、「p」で弾くぐらいに思っておくことです
そこから徐々に音を大きくしていくんです。

「cresc.」=「pから大きくしていく」です。

ちなみに、「cresc.」と「<」のマークは同じ意味です。

スポンサーリンク

「dim.」の見方

ではこれはどうですか?
「dim.」これはディミヌエンドって言って、デクレッシェンドと同じ意味です。意味は「だんだん小さく弾く」です。

これは、どこから音を小さくしていくか知ってますか?

答えはこうです。

先ほどの考え方と一緒で、「dim.」のマークがあるところが、一番大きい音なんです。

なんで、「dim.」のマークを見つけたからと言って、すぐにP(ピアノ)で弾いたりしたらダメですよ。

オーバーにいうと、「dim.」のマークの部分は、「f」で弾くぐらいに思っておくことです。
そこから徐々に音を小さくしていきます。

「dim.」=「fから小さくしていく」と覚えておきましょう。

ちなみに、「dim.」と「>」のマークは同じ意味です。

ちょっとしたコツではありますが、知っておくと便利やし、強弱が上手につけられるようになりますよ^^

参考まで。
・ピアノ強弱の弾き方①(体のどの部分を使って弾くのか)の記事

ピアノの強弱について③(裏技ソフトペダル)の記事

今日も読んでくださってありがとうございました☆彡

**********************
「はんなりメルマガ」やってます!
ピアノ初心者さん向けに、大人の生徒さんや読者さんからのお悩みに答えています。登録特典動画あり。
詳しくはこちら。(クリックすると記事に飛びます)
**********************

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031