京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

(ピアノ初心者向け)練習をしていたら手首が痛くなります(^-^;

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。

今日は、ピアノの初心者さん向けにお話しをしたいと思います。

よく読者さんから「練習をしていたら手首が痛くなった」というお話を伺います。

これを聞いてスカラーが最初に思うことは、「手が痛くなるぐらいすごく熱心に練習をしているんやな」、ということです。

とにかく1日でも早く上達したい!指がスラスラ動くようにしたい!この気持ちはとってもよくわかります。

スポンサーリンク

でも、初心者さんに知ってもらいたいんですけど、
ピアノの練習をしていて、手が痛くなることはまずないんです。
なので、痛くなっているとしたらほぼ100%弾き方に問題があると思った方が良いです。

例えば、左手の伴奏の練習中に手首が痛くなったとします。

この練習で、手首が痛くなったり、ダルくなる人は、明らかに手首に余計な力は入っていると思います弾くときのポイントは手首やひじに余計な力が入っていないこと(もちろん肩もラクに)、
でも指先にはしっかり力を入れて弾きます(そうじゃないと鍵盤が押せませんからね)。

ここで「余計な力」と聞いて「??」となる人は、
一度あえて肩と手首に余計な力を入れてガチガチに弾いてみてください(体に余計な力を入れてバタバタ弾く)。
で、次に、肩や手首をラクにして、音が鳴る範囲の力で弾いてみてください(音が鳴らないのはダメなので、指先だけにはきちんと力を入れてください)。

この、力を入れて弾く、力を抜いて弾くの違いがわかってもらえるかと思います。

スポンサーリンク

繰り返しになるんですけど、手が痛くなるのは力が入り過ぎなんです、で、それを抜くために、あえて力んだ力で弾いてみる。次は抜いた力で弾いてみる。この差を自分なりに知ることが脱力への第一歩になると思います。

夢中で弾いている時こそ、一度立ち止まって、自分自身の力の入れ具合を確認してみてください。最初のうちは、ピアノがある部屋に「手首に力を入れない」と張り紙を貼っておくのもいいかもしれませんね。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました☆彡

 

======================
「はんなりピアノ動画レッスン♪」開講してます。
Canon「カノン」や、ベートーベンの「月光」が弾けますよ!
興味がある方はどうぞ。初心者さん向け。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらをどうぞ
========================

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。全曲サポート付き。
初級¥6,600(税込)こちらの記事へ
中級¥7,700(税込)こちらの記事へ

ピアノ講師1年生のためのはんなり流ピアノの教え方


ピアノの教え方のオンライン教材です。音大を出ていなくてもピアノ講師になれます!一緒に夢を叶えませんか!?
詳しくはこちらの記事へ

【中級者向け】スカラーアレンジの「童謡・唱歌の楽譜」を作りました


スカラーがアレンジした童謡・唱歌を楽譜に起こしました。5曲セットで2,000円(税込)。バラ売りも可。中級者向け。
第1弾はこちらの記事へ
第2弾はこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。
※2019年4月より千葉に引っ越したため閉鎖

特集

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031