京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

第3弾「大きな古時計」「愛の喜び」「カノン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。

今日は、「はんなりピアノ動画レッスン」の魅力についてお話していきますね。

最後の、第3弾の曲の紹介をさせていただきます。

以下、動画でお話ししたことを文字で書いていますーー。
こちらも参考にしてみてください。

動画です




大きな古時計

この曲のポイントは、左のベースの音ですね。
ベースの音が2拍ずつ変わっていくところがとっても良いです。

特に、この「ファ」が良いですよね。ここに「ファ」あることで、次の「ソ」の音が生きてきて、最後「ド」の終止形に向かっていく流れがとても自然になります。
「終止形」=「終わりの雰囲気」みたいに思ってもらえたらと思います。

そしてこのBからのベースの移り変わりも良いですよね。
特に良いのがここの「ラ」。ここでちょっと短調という暗い響きになっているのがポイント。

さらにはこの「ミ」もその暗さを引き継いでいます。曲は、明るい長調と暗い短調が織り交ざっていてこそ味わい深くなるんです。

この辺りの音をよく味わいながら弾いてもらえたらと思います。

愛の喜び

この曲は、第2弾のブラームスの子守歌と同様で、左手の伴奏の練習になっています。

ここの「ファ♯」から「ファ♮」と来て、次は「ミ」という風に、左のベースの音が半音ずつ下がっているところがポイント。半音下がるとともに気持ちも盛り上げられると最高です!

この場所もそうですね。今後は右のメロディーが半音ずつ上がっています。
「ファ♯」⇒「ソ」⇒「ソ♯」です。ここも音が半分ずつ上がるたびに気持ちも盛り上げると良いですね。

カノン

誰もが弾きたい「カノン」です。
もうこの出だしを弾いているだけでピアニスト気分が味わえます。

ここからが有名なサビの部分ですが、指替えがたくさん出てくるところです。
ここは、前回の企画のスケールの動画を参考にしていただくときれいに弾けると思います。

この「シ♭」がなかなかの曲者で(笑)、調が変わるのか?変わらないのか?というあいまいな部分なのですが、
ほんのちょっと他と響きが違うところを味わいながら弾いてもらえたらと思います。

3/31(水)まで!】教材の詳細はこちらです。
 
最後まで読んで下さってありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール


はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。

プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

メルマガやってます


大人のピアノ初心者さん向けは こちらの記事へ
特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり!

新米ピアノ講師さん向けは こちらの記事へ
「ピアノを教える上で大事なポイント」を全7回に分けてお伝えしていきます!

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。全曲サポート付き。
【1~3弾セット】こちらの記事へ

ピアノ講師1年生のためのはんなり流ピアノの教え方


ピアノの教え方のオンライン教材です。音大を出ていなくてもピアノ講師になれます!一緒に夢を叶えませんか!?
詳しくはこちらの記事へ

【初級~上級まで】スカラーアレンジの楽譜を作りました

スカラーがアレンジした曲の一覧が見たい場合は、
こちらを覗いてみてくださいませ。
便利な指番号付きですので、早速練習に取り掛かっていただけます!
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。
※2019年4月より千葉に引っ越したため閉鎖

特集

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31