京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

無料でできる!簡単!ピアノの楽譜を厚紙に貼る方法♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、「無料で簡単にできるピアノの楽譜を厚紙に貼る方法」をお伝えしたいと思います。

楽譜のコピーって、1枚だけやとペラペラして、譜面台に置いたときに、エアコンや扇風機の風で飛んで行ったり、ずれ落ちたり、後ろに折れ曲がったりと、安定感がイマイチよくないですよね・・・。

スポンサーリンク

ぺラ1枚で譜面台に置いたらこんな感じになります・・・(3枚目が後ろに折れ曲がりそうです)
IMG_1623

そんなときに活躍する方法です。この台紙に張れば、見た目も楽譜に見えへんし、しっかりしてるので、ずり落ちたり後ろに折れ曲がる心配もありません。完成形がこちらです!
IMG_1643

では、早速作ってみたいと思います。

【作り方】
まず楽譜のコピーです。この場合は1枚半ですね。(A3とA4が、各1枚ずつです)
IMG_1628

で、貼る台紙はこちらです。これは、駅の改札のところに置いてあった観光案内のパンフレットです。紙の厚さがしっかりしてたので、台紙用にもらいました。もちろん無料です。
IMG_1629
IMG_1630

1ページ目を開けたらこんな感じです。
IMG_1631

運よく、ちょうどA4サイズちょうどやったので、楽譜を切ることなくそのままの形で使えます。
IMG_1632

で、のりでもセロテープでもいいので止めます
IMG_1633

スポンサーリンク

表紙をめくったらこんな風に見えていますよ
IMG_1635

3ページ目はこんな風になっています
IMG_1639

譜めくりが嫌な人は、こんな風にしたらどうでしょうか。2ページ目につけてしまいましょう!
IMG_1641

2ページ目につけた場合の、裏面はこんな感じになってます
IMG_1642

完成です! これで譜面台にしっかり乗せることができます^^
IMG_1643

楽譜をたたんだらこんな感じです。見た目楽譜に見えないので、こっそり練習したいときはいいですね(でも、楽譜ってわからないので、間違えて捨ててしまわないように注意です><)
IMG_1644

駅の改札に置いてあるパンフならタダです。厚紙を買う必要もないし、失敗したってもう一度もらってきたらいいので、気が楽ですよね^^
パンフって結構いろんなところに置いてありますよ。例えば、電気屋(家電量販店)さんに置いてある商品案内のパンフは紙の質がとってもよかったですよ!
楽譜厚紙
参考になったらうれしいです♪ 読んでいただきありがとうございました。

【まとめ】
・厚紙は、駅の改札や、電気屋さんとかに置いてある、無料のパンフレットを使う
・A4サイズ以上あるかと、表紙の厚さが分厚いものがよい
・あとはのりかテープでぺたぺた貼るだけ

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031