京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

簡単! あっさり味!豚バラと小松菜のオイルパスタ^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日はお料理です。今は小松菜が旬ですね~。
ということで、「豚バラと小松菜のオイルパスタ」を紹介したいと思います。

私はパスタが大好きで、で、どちらかというとトマトベースより、オイルベースの方があっさりして好きなので、オイルベースのパスタを作りました。なので、濃い味が良い人は物足りないかもしれません・・・。

【用意するもの】※1人分です!
・豚バラ(ベーコンでもいいですよね)80g
・小松菜 3束
・パスタ 1人分
・おろしにんにく 小さじ1/3
・ガラスープの素(コンソメでもよいと思います) 小さじ1/2
・オリーブオイル 大さじ1
・塩コショウ 適当

【作り方】
小松菜です。安いスーパーやと1袋100円であります。
IMG_1557

今日は3束使います。水洗いのときの注意点・・・茎の部分はよく洗った方がいいです。土がついてる場合があるんで。
IMG_1561

小松菜を食べやすい大きさに切ります(3センチぐらい!?)
IMG_1562

豚バラです。手が汚れるのが嫌なので、キッチンはさみで適当に切ります(小松菜と同じぐらいの大きさかな)
IMG_1560

IMG_1565

切った豚バラに塩コショウと小麦粉をつけます(小麦粉を付けた方が味が絡みやすいです)ここまでが下準備ですかね。
IMG_1566

スポンサーリンク

パスタはこれを使いました
IMG_1557

調味料はこんな感じです。
おろしにんにく」はすごく重宝しています。「ガラスープの素」も頻繁に使います。ブラックペッパーはたまに。オリーブオイルは、「エクストラバージンオイル」がおすすめです!
IMG_1569

では、作ってきましょう!
先にパスタをゆでます。沸騰したお湯にパスタを投入。塩は小さじ1入れます。7分ぐらい茹でます。ときどきかきまぜます。
IMG_1571

ゆで時間残り2分あたりになったら、具を炒めだします(このタイミングは人それぞれなので適当です)フライパンを弱火にして、油とにんにくを入れます。にんにくは小さじ1/3程度
IMG_1572
にんにくの香りが出たら、豚バラと小松菜を炒めます。塩コショウします。1~2分ほど軽く炒める。中火ぐらい。
IMG_1573

ゆであがったパスタを投入! 塩コショウして、ゆで汁を大さじ2ぐらい入れて、ここでガラスープの素を入れます。汁がなくなるまで炒めます。最後にオリーブオイル大さじ1入れてパスタと絡めて完成です! (ここけっこう手際よくやります。詳しく写真撮ってる時間ありませんでした)
IMG_1576

あまりにお腹が減っていたので、見た目がザツですがお許しください・・・m(__)m
IMG_1578
ちょっと味が足りないときは、塩をかけてください! 塩は味を調えてくれる万能調味料です!

【まとめ】
・小松菜の茎はよく洗う(土がついてる可能性あり)
・にんにくの香りが付いたら具を炒める
・パスタのゆで汁を入れる
・ガラスープの素を入れる
・最後にオリーブオイルをかけて、塩で味を調える

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930