京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

練習してもうまく弾けない人へ~ピアノの1オクターブの弾き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、「1オクターブの弾き方」についてお伝えしたいと思います。
メロディーを1オクターブで弾くときのポイントを紹介しています)

1オクターブってほんとに弾きにくいですよね 😥 私はこの方法を知ってから、とっても楽に弾けるようになりました。昔は「鍵盤をつかむように!」とか、「鍵盤の上をはうように!」と言われて、がむしゃらに弾いていました。

でも、そもそも手の小さい人は鍵盤をつかめないし、鍵盤の上をはうようにひくと、「はうこと!」に意識が行き過ぎて、手がガチガチになります。

特に、何回練習しても弾けるようにならない人に知ってもらいたいです 🙂

スポンサーリンク

まず、1オクターブを弾くときのポイントは、「親指・小指=1:9」の割合で弾くことです。なので、小指の方に力を入れます。(親指は鍵盤にさわる程度。親指はそんなに力を入れることなくできるだけ楽にする)イメージとしては小指だけで弾いてる感覚です。小指の方に力を入れるので、手の重心は右側ですね
絵で書くとこんな感じ
IMG_2281

あと、親指は弾いた後、すぐ鍵盤から離してしまってもOK!親指の音が切れてしまっても、小指がつながっていたら、全体として音がつながって聞こえるので大丈夫です。これも知ったときは目からウロコでした。親指にはすぐ離して良い、力を抜いてよい、これだけで今までよりも弾きやすくなりませんか!?
IMG_2283

スポンサーリンク

では、実際に動画を見てみましょう。後半は、ノクターン第2番のオクターブを例に挙げています。

ノクターン第2番のオクターブは、この部分ですね。
IMG_2189

小指のメロディーが聞こえたらいいので、小指だけに力を入れます。繰り返しになりますが、親指は触る程度。ふわふわしておく。極端に言えば、聞こえなくてもいい音です。

まとめ

・「親指:小指=1:9」の割合で弾く。小指に力を入れる
・小指だけで弾いてるイメージ
・親指には力を入れない。ふわふわさせておく。
・親指は弾いたあとすぐ離してもOK

弾き方っていうのは、すぐには上達ししないところが辛いですが、とにかく諦めないことです。1オクターブが楽に弾けてくると、あの有名なモーツァルトのトルコ行進曲だって弾けます!
今回は弾き方のコツをお伝えしましたが、物理的に手を広げる方法はこちらです。

※「ノクターン2番」の弾き方をまとめた記事はこちらです。気になる方はどうぞ^^

読んで下さりありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031