京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

ピアノのお師匠さんがラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を弾く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、私のピアノのお師匠さんのピアノコンサートがあります!!

なんとピアノ協奏曲を弾かれます。
しかもラフマニノフのピアノ協奏曲第2番です!!
(のだめカンタービレで千秋が弾いていた曲です^^)

その前に・・・

スポンサーリンク

ピアノ協奏曲って何?

ピアノ協奏曲っていうのは、「オーケストラとピアノが一緒に演奏する曲のこと」です。
例えるなら、ピアニストの辻井伸行さんが弾いておらえる形態のことですね。
ちょっと図にしてみました。こんなイメージです。
ポイントなのは、「オーケストラ:ピアノ=1:1」ということ。
オーケストラとピアノは対等
な立場なんです。
どっちが目立って、どっちが控えめ、なんてことはないんです。それぞれの個性を尊重するような感じです。
IMG_2942

そう思うとピアノってすごいですよね。オーケストラ何十人と対等なんやから。
やっぱりピアノは楽器の王様なんですね~。

これがラフマニノフのピアノ協奏曲です!

このラフマニノフの第2番ですが、この曲が大好きで、よくCD借りたりして聞いていました。
甘い旋律があったり、かっこいいリズムがあったり、管楽器の音色がおしゃれやったり・・・、
全楽章で35分ぐらいある大曲なのですが、全然聞いていて飽きません。(全然は言いすぎました・・・(笑))
他のピアノ協奏曲やったら、途中聞いてて眠くなることもあるんですけど、
この曲はなんか違うなっていう感じがあって、すごく好きなんです。

私はこの曲の第3楽章が冒頭と終わりが好きなんです~^^

スポンサーリンク

で、うちの先生は、今でも現役のピアニストなのですが、
オーケストラと共演するようなことは初めてとおっしゃっていました。
何やら、自分自身でオーケストラと共演するためには、かなりまとまったお金が必要とのことなんです。
なので、向こうからやってみないかというお誘いを受けたようで、かなり喜ばれておられました!!

先生曰はく、「こんなことは自分の人生において最初で最後の機会や。まさに夢のようや。がんばらないと!」とかなり興奮されていました。

私もその話を聞いて、かなり嬉しかったし興奮しました!!
直近のレッスンで、「先生。ドレス楽しみにしています・・・><」と言ったら、
先生は、「えっ? あぁ~もうどうでもいい。ジーパンでいいわ・・・」ともう、それどころじゃない感じになってはりました。

自分が正常な状態でいられなくなるくらい、光栄なことで、すごいプレッシャーがあって、
いろんな気持ちが混ざり合ってはる感じでした。

それがいよいよ今日となりました。
楽しみです!!

読んで下さりありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031