京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

パッヘルベルの「カノン」をピアノで弾いてみた♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。

今日は、クラシックの王道、パッヘルベルの「カノン」を弾いてみました。
私の大好きな、大好きな曲なのです。

ちなみに、パッヘルベルさんは、音楽の父バッハよりも年上なんです。バッハが0歳のとき、パッヘルベルは32歳なんですよ。出身はどちらもヨーロッパのドイツ。バロッグ時代の作曲家ですね。

スポンサーリンク

「カノン」にはたくさんの思い出があって、この曲を知ったのは中学生のとき。
ピアノの発表会で同じ教室の生徒さんが弾いてはりました。

私のレッスンの前に来ている子がこの「カノン」を弾いていました。
レッスンに行くと、いつもこの曲を弾いてはって、「なんて素敵な曲なんや。私も発表会でこれが弾きたかった」と思うほどでした。そしてだんだん私もメロディーを覚えるようになって 見よう見まねで、家でカノンを弾いていたことを思い出します・・・(;´・ω・)

それで、家で「カノン」を弾いていたせいで、父がとっても気に入ってくれました。ちなみに父親の携帯の着信音はカノンです(笑)。おまけにこの間は、なんと!「わしのお葬式でこの曲を流してほしい。わしからの遺言な」と言われたんです(>_<)

ということで、思い出たっぷりの「カノン」です。

動画です

※楽譜はジョージウィンストン版のですが、一部勝手に弾きやすいようにアレンジしています(^-^;
そしてたびたびミスタッチをしております・・・(;´・ω・) 爪がカチカチなってすみません!
こんな楽譜

余談です

この楽譜、最後は連打が続きます。なんでこんなに素敵なアレンジなのに、最後だけ連打にするんだぁぁ~!!!とよく思ったものです(汗)。なので、連打ムリなんで、もうここは自分で勝手に弾いちゃいました!
本当はこんな楽譜になっています。赤いマルの部分が連打のところです。

でも私はこんな感じで弾いちゃいました。

========================
超初級バージョンですが、こちらの教材に「カノン」が入っています。
よろしければどうぞ。詳しくはこちらです
========================

今日も読んで下さってありがとうございました。
結婚式の余興でおすすめのピアノ曲の記事に戻る

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930