京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

J.S.バッハ「インベンション 第4番 」を弾いてみた♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。

今日は、バッハの「インベンション第4番」 をピアノで弾いてみました。

4番は比較的弾きやすかったです。4番の特徴的なトリルの部分がクセモノやけど・・・。
この曲、ピアノのお師匠さんからボロクソに言われました(汗)。バッハは弾けば弾くほど奥が深く、難しいなぁといつも思います。

お師匠がおっしゃるには、パリッと勢いよく弾くのが良いとのこと。間違ってもロマン派のようにメロディックに弾くのはダメみたいです。(これは先生によりますよね。前の先生はバッハもロマン派のように感情を出して弾けとおっしゃってましたが・・・)

スポンサーリンク

全音を使っています。「インヴェンションとシンフォニア」

動画です

J.S.バッハ「インベンション 第4番 」をピアノで弾いてみた♪
爪がカチカチなってすみません 詳しくはこちらの記事を見ていただけたらと思います。

J.S.バッハ「インベンション 第4番 」をピアノで弾いてみた♪

少々荒々しい演奏になっちゃいました。爪がカチカチなってすみません。

軽く解説

4番は短調の曲で、ニ短調ですね。
ここがテーマですね。出だしのアルト⇒ティナ―⇒ソプラノとどんどん音が高くなっていくので、その分気持ちも盛り上げます。

この部分は「フレーズの最後」という意味なので、音をほんの少し切って弾くとgood(少しゆるめて弾くと言った方がわかりやすいのか・・・!?)。

タイは強調させます!

ここからはテーマが左に移ります。右のトリルは飾り程度に弾く方が良いです~。
左はトリルに影響さえることなく、自由に弾けることが大事です!

ここは「ヘミオラ」って言います。ここだけ3拍子の感覚で弾きます。
2小節で3拍分として弾く感じです。最初感覚をつかむのに苦労しました・・・(;´・ω・)

スポンサーリンク

ゆっくり動画

需要があるかはわかりませんが、ゆっくり弾いた動画もあります。

J.S.バッハ「インベンション 第4番 」をゆっくり弾いてみた♪
インベンション4番をゆっくり弾いてみました。 詳しくはこちらをどうぞ。

J.S.バッハ「インベンション 第4番 」をゆっくり弾いてみた♪

今日も読んでくださり、ありがとうございました☆彡

 

**********************
「はんなりメルマガ」やってます!
ピアノ初心者さん向けに、大人の生徒さんや読者さんからのお悩みに答えています。登録特典動画あり。
詳しくはこちら。(クリックすると記事に飛びます)
**********************

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031