京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

J.S.バッハ「インベンション 第1番 」を弾いてみた♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。

とっても久しぶりに動画をアップしてみました。

今、お師匠さんに習っている曲で、バッハの「インベンション1番」を弾いてみました。
1番は、インベンションの王道の中の王道とも言える有名な曲です。

私は、王道すぎてきちんと弾いたことがなかったので、この機会に弾くことにしました。

いやぁ~インベンションは奥が深いと言うか、やればやるほど奥が深く難しい曲です。

スポンサーリンク

ちなみに全音を使いました~。「インヴェンションとシンフォニア」

1番の楽譜はこんな感じです。

と言うことで・・・

動画です。

J.S.バッハ「インヴェンション 第1番 」を弾いてみた♪
インベンションは難しいです( ̄▽ ̄) トリルがきれいに入らないなぁ・・・。 合わせてこちらの記事も見ていただけたらと思います^^

J.S.バッハ「インヴェンション 第1番 」を弾いてみた♪

これは知っておきたい

インベンションを弾く楽しみは大きく分けて2つあります。
①テーマを見つける
②似ている音型を探す

例えば、①のテーマを見つける。
楽譜で言うと冒頭のところですね。
「ドレミファレミド ソ」までがテーマです。

続いてテーマが左に移ります。ここも、「ドレミファレミド ソ」ですよ!

で、右手「ド」から始まったテーマは、次は「ソ」から始まっています。だいたい冒頭の音の、5度上を弾くことが多いです。「ソラシドラシソ レ」になっています!

②似ている音型を探します。
左のここ。

右のこの部分と似ています。音は違うけれど、8分音符で刻んでるのと、音の形が同じです。

弾いていく中で、「この部分とここが似てる」とか、「またテーマが現れた」とかって、探しながら弾くのが楽しみとされています。

実際そうやってひくと、バッハは退屈でも何でもなくとってもおもしろいです!!

スポンサーリンク

片手ずつ弾いてみた

片手ずつ弾いてみました。参考になればと思います。

J.S.バッハ「インヴェンション 第1番 」片手ずつ弾いてみた
合わせてこちらの記事も見ていただけたらと思います^^

J.S.バッハ「インヴェンション 第1番 」片手ずつ弾いてみた

ゆっくり両手で弾てみた

両手でゆっくり弾いてみました。こちらも見ていただけたらと思います

J.S.バッハ「インヴェンション 第1番 」ゆっくり両手
合わせてこちらの記事も見ていただけたらと思います^^

J.S.バッハ「インヴェンション 第1番 」ゆっくり両手

 

今日も読んでくださり、ありがとうございました☆彡

 

**********************
「はんなりメルマガ」やってます!
ピアノ初心者さん向けに、大人の生徒さんや読者さんからのお悩みに答えています。登録特典動画あり。
詳しくはこちら。(クリックすると記事に飛びます)
**********************

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031