京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

(クラシック初心者さん向け)ドヴォルザークの新世界「家路」を聞いてみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。

今日は、ドヴォルザークの交響曲をご紹介したいと思います。

具体的には、交響曲第9番の「新世界」の第2楽章を聞いてほしいのです。
この第2楽章はきっと皆さんが知っている曲やと思うんです。

スポンサーリンク

とりあえず最初に聞いてみましょう。

こんな曲です

どうですか? 聞いたことありましたか?
日本ではこのメロディーに歌詞をつけて、唱歌の「家路」として歌われているんですね。
なので、家路は、もともとはドヴォルザークの曲やったんですよ!!

家路のメロディーが聞こえたら目をつぶってみてください。
子どものころの思い出とか、自分の大切なものや大事にしていることなど、
少しの間、自分の内側と向き合ってみると良いですよ(^-^)

で、何回か聞いてだんだんメロディーが分かってきたら、次は下の動画で聞いてみてください。
どんな楽器で演奏しているかが分かって楽しいですよ。

楽器を見ながら聞いてみよう!

曲の出だしは、トランペットたちの管楽器で半音で行ったり来たりを繰り返して何だか不安な感じ。
そこからバイオリンたちの弦楽器が入ってきて、ホッと落ち着く響きになっていきます。

で、いよいよ家路のメロディーが登場します!!
このメロディーをオーボエが担当します。何とも穏やかな満たされるような音色ですよね。

これがトランペットの音なんや、とか、バイオリンはこんな音色をしているのか、という風に楽器の音色を聞いてみるとおもしろいと思いますよ。

スポンサーリンク

交響曲とは?

ちなみに交響曲っていうのは、バイオリンとかトランペットとかが何十人も集まって指揮者の下で演奏する曲のことです。オーケストラが弾く曲っていう認識でも良いかも。

そもそも、オーケストラって言うのは、「管弦楽を演奏する集団」のことを言います。
で、管楽器が、フルート、クラリネット、トランペットあたりのことを言って、弦楽器が、バイオリン・チェロ・ビオラあたりのことを言います。

とてもざっくりした説明ですが、分かってもらえたでしょうか?

他にも聞きやすいクラシック曲がまだまだあるので、随時お伝えできればと思います。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました☆彡

 

======================
「はんなりピアノ動画レッスン♪」開講してます。
Canon「カノン」や、ベートーベンの「月光」が弾けますよ!
興味がある方はどうぞ。初心者さん向け。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらをどうぞ
========================

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ講師1年生のためのはんなり流ピアノの教え方


ピアノの教え方のオンライン教材です。音大を出ていなくてもピアノ講師になれます!クリスマスキャンペーン中!
詳しくはこちらの記事へ

【中級者向け】スカラーアレンジの「童謡・唱歌の楽譜」を作りました


スカラーがアレンジした童謡・唱歌を楽譜に起こしました。5曲セットで2,000円(税込)。バラ売りも可。中級者向け。
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31