京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

「プレ・インベンション45番」 をピアノで弾いてみた♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、「プレ・インベンションの45番」 をピアノで弾いてみました。

今、レッスンで「プレ・インベンション」を使っています。この本です。
プレインベンション

「フーガ」です(笑) ちょっとややこしいです。
最近、バッハの「平均律」を勉強しているおかげで、そんなに苦ではなかったですが、
弾き慣れていない方やと難しく感じるのではないでしょうか・・・^^;

スポンサーリンク

「プレ・インベンション」45番です

「プレ・インベンション45番」 をピアノで弾いてみた♪
「プレ・インベンション45番」 です。 「フーガ」です。 フーガっていうのは、「テーマ」と言われるものがあって、 それが右にも左にも入れ替わり出てきて、 5度上(下)に出てくる曲のことなんです。 合わせてこちらのブログも見ていただけたらと思います^^

「プレ・インベンション45番」 をピアノで弾いてみた♪

フーガって何?

フーガっていうのは、「テーマ」と言われるものがあって、それが、右にも左にも入れ替わりあらわれて
5度上(下)に出てくる曲のことなんです。

例えば、これが「テーマ」です。「ドレミファソレソファミー~」
img_4890

続いて左に同じメロディーがきます。
img_4891

で、ここ! 次は「ソラシドレラレドシー」ですよね。
テーマが5度上の音から始まってるんです。これが「フーガ」の特徴です。
img_4892

この部分は、テーマの「ソレソファミー」をなぞった部分です。
※音は違うけれど、音の形は同じです。
img_4893

こんな風にして、音型ごとに色分けしていくと、頭で整理できるので弾きやすくなります。

スポンサーリンク

まとめ

「プレ・インベンション」の本は、簡単に言うと、バッハやモーツアルトなどの作曲家の曲がたくさん載っている本です。
バッハの「インベンション」の前にやっておきたい曲集です。
※「プレ・インベンション」についてまとめた記事はこちらです(演奏動画あり)

読んで下さりありがとうございました^^

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

動画レッスン開講します♪


大人初心者さん向けのオンライン教材です。童謡やクラシックの曲が弾けるようになります。サポート付き¥5,980(税込)
詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031