京都生まれ☆音大出てないピアノ講師のはんなり日記です^^

新米ピアノ講師向け!ピアノを初めて弾く子どもへの教え方⑪ ~体験レッスンのやり方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカラーです。
今日は、「新米ピアノ講師向け!ピアノを初めて弾く子どもへの教え方⑪~体験レッスンのやり方は?」についてお話ししてみたいと思います。

音大出てないけどピアノを教えたいあなたへ

今は会社員やけど、いつか自分もピアノを教えたいと思っている。
今もピアノを習っているから、教えられる技術は十分に備わっている。おまけに実家暮らしやから教えられる環境だってある。
なので、始めようと思ったらいつでも始められる状態。

でも、音大出てへんし、自分には無理なんじゃないかと思っている

そんなあなたのための記事です。

前回は、教え方⑩ ~ブルグミュラーまでの持って行き方の話です。

今回は、体験レッスンのやり方についてです。

スポンサーリンク


ピアノ講師をして、今年で4年目となりました。まだまだ新米の先生です。どんな風に教えたらわかってもらえるのか、ピアノが嫌にならない教え方について日々勉強しています。
ピアノを教えることってほんとに大変やと痛感しています。

この4年間、ほぼ失敗だらけ。「この子にはこの教材は合わなかった」「最初からこういう風にして教えたらよかった」と、言い出したらとまりません><

ピアノを触ったことのない子にどうやって教えるのか。何から教えるものなのか、また教える対象は、子どもなのか、大人なのか・・・、考えだしたらきりがありませんね。

とりあえず、何から教えたらいいかわからない人のために、私が実際やっている方法をお伝えしたいと思います。とりあえず、なんでもいいから誰かのマネをして実践してみる。で、自分には合わない部分があったら、そこは別のやり方に変えてみてください。

ここでは初めてピアノに来てくれる子への「体験レッスン」の内容についてお話ししたいと思います。

何歳が対象?

小学校1年生(小学校低学年)
※字が書ける、数字が読める、1~10まで数えられるレベルです

(大事!)何から教えたらいい?

私は、体験レッスンのときは、この3つを押さえています。
 
・リズムを教える
 
・音符と、どの指で弾くか教える 
 
・鍵盤の位置を教える
 

この3つにつきると思っています。

この3つは絶対やって、あとはアレンジしています。

スポンサーリンク

こんな順番で教えています!

(適当に順番を入れ替えるなどアレンジしてくださいね)
※だいたい20~30分ぐらい
①ピアノに合わせてリズムをたたく
先生のピアノに合わせて2分音符、4分音符、8分音符のリズムをたたきます(ゆっくりなテンポ、中くらいのテンポ、速いテンポの叩き分けです)。まずは音楽に合わせて手をたたいて、緊張をほぐす感じですかね。

②リズムを教える
まずは、(4分音符が1拍とか言わずに)、動物カードを見せて、うしなら「ターアン」、いぬなら「ター」、ねずみなら「ティティ」などと言いながらリズムを打つ(先に先生が見本を見せる)
この本とっても参考になります!写真のリズムカードもついてますよ 「ピアノ体験レッスンプログラム」

カードは3種類あります。
IMG_2290
表面に動物、ウラ面に音符が載っています。
IMG_2292
IMG_2293
IMG_2294
ん中の「ド」の音符を見せて、実際の鍵盤の位置を教える(音符と鍵盤の位置を一致させる)
「これが「ド」だよ」といって大きく書いた音符を見せる  ※子どもは大きい字の方が見やすいみたいです。
IMG_2297コピー
「じゃあこの「ド」は、どの場所にある?」と鍵盤を探してもらう。(赤いマルの箇所ですね)
IMG_2298コピー

④指番号を教える
実際に子どもの手の形で教えてあげると喜びます。
IMG_2299コピー

⑤いよいよピアノを触る
やっとですね(笑)。一番最初やと「ピアノランド」(記事に飛びます)の「どどどど どーなつ」を弾かせます。
IMG_2303

一番最初やとこんな感じで進めていきます。個人的に思うのは、ちょっと優しいレベルにしてあげること。これは幼稚園児でもできると思います。初めてピアノにふれる子どもはワクワクもしてるけど、ちょっと不安でもあるんです。そんなとき、出された課題が全部できたら自信になりますよね。
その自信が「楽しい!」につながると思うんです。

簡単すぎる子には、先生が弾いたリズムを当てるとか、ピアノを「ド」以外の曲にしてみるとか、ドレミファソラシドの音階を弾かせてみるとか、アレンジしてみてください。

年齢別のやり方

5才の場合(大事です!)
リズムをたたく、音符に色をぬる、ピアノを弾くなど、具体的なやり方がわかります。

小1の場合
この記事のことです。

小3の場合
小1の体験レッスンをアレンジしたものです。

おまけ

体験レッスンの問い合わせで聞いておきたいこと
なんでも最初が肝心! 「初めての問い合わせで確認しておくこと」について書いています。

体験レッスンでチェックすること&親への説明の仕方
体験レッスンの内容だけで、いっぱいいっぱいになるけど、この項目も重要です。特に、親への説明が大事です^^

(新米講師向け)ピアノの体験レッスンで死にそうに緊張したら・・・。
体験レッスンをするにあたっての心境を綴っています。
読まなくてよいです・・・ 😯

最後に

今、ピアノ講師をして4年目になります。
教えてみて思ったのは、「早く教えたらよかった」です。
頭で考え過ぎるんじゃなくて、さっと行動に移せばよかったと思っています。
10冊の指導本を読んだりセミナーに行くよりも、たった一人だけの生徒を教える方がずっと、ずっと指導力はつくんやなと思いました。
次回は、「教え方⑫~初回のレッスン編」をお伝えしてみたいと思います。

「ピアノの教え方」の記事に戻る

参考になったらうれしいです^^
読んで下さりありがとうございました^^

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます

    None Found

関連記事

プロフィール



はじめまして! スカラーと言います。 京都生まれの京都育ちです。音大を出ていないけどピアノ講師をしています。 小4からピアノを始めたので、初見力なし、音感なし。ピアノも特別上手じゃありません。ピアノ教室を開くまでに、いろんな葛藤があり13年もかかってしまいました。
プロフィールは はじめにこちらへ♪を読んでもらえたらと思います

はんなりメルマガやってます


大人の初心者さん向けのメルマガです。実際に大人の生徒さんから質問されるようなことなどをお届けしようと思います。特典「ここまでは教えてくれない!ピアノの姿勢・脱力・手のフォーム・弾き方」(動画)あり! 詳しくはこちらの記事へ

ピアノ教室



スカラーのピアノ教室です。(京都市左京区)。
叡山電鉄「修学院」駅から徒歩20分。

特集

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031